フィーチャーフォン・ガラケー向け
「スカパー!アダルト公式サイト」
終了のお知らせ
スカパー!アダルト
アダルト番組の視聴はここをチェック

連載コラム

天才鬼才インタビュー
カントクたちがAVを撮る理由

第98回 安達かおる(後編)
「絶対に疑似は使わない」

前編はこちら→「人が目を背けるものを撮りたい」

監督

AVを撮り続けてン十年が経った安達かおる監督。「本当のマニアが僕の作品を見たら、けしからんと怒るかもしれない」との言葉の真意とは……。

──今月スカパー!アダルトで放送される「クソ野郎と少女と美しき世界〜ブッ飛んでるけど愛がある〜」(ダイナマイトTV)にしても、排泄物の質、量が目を見張るほど。そのための食事など、独自のノウハウはあるんですか?

「面接のときに、まず本人に排泄のパターンを聞くんです。『毎日出るの?』とか。そのときにさりげなく『ビシャーッて出るの? 硬いの?』って」

──ほほう。

「ストレートに聞くと、医者の問診みたいになっちゃうからダメなんです。『あなたは1日何回トイレ行くんですか?』と医者がカルテを書くみたいに聞くと、フランクに明かしてくれない。『俺、便秘で悩んでるんだよねぇ』とか、自分の情報も出して女の子をリラックスさせながら話を引き出すのがコツです。例えば、『俺のは硬いんだ。硬いのってしんどいよね?』って聞くと『私のは軟らかいんです』って言ってくれる」

──合コンのテクニックみたいですね(笑)。いいモノを出す上で、女優さんにはどういうアドバイスを?

「それに関しての豊富な知識を持っているのが、ADにいるんですよ。『さいゆ〜き』の名前で監督もやっています」

──ポップなスカ●ロ物を撮っている、女流監督のさいゆ〜きさんですね。

「こと排泄に関してはプロですね。国家資格があったら取れるというレベル(笑)。さいゆ〜きは、撮影の2日前にこういうものを食べろとか、1日1回出るコだと、撮影の前の日は我慢して出さないようにね、とか話すんです。そうして現場に入ると、このコは出る時間はだいたい何時頃で、というのが読める」

──ハプニング的に出てしまう場合もあるんですか?

「読みが的中するときもあれば外れるときもあって、まだ撮影のセッティングの最中なのに便意を催して、出ちゃう、もうダメってなることはありますね。急いでカメラを回すことになりますが、質のいいウ●コはものにできます」

──現場の撤収時間になってもどうしても出ない場合は?

「そういうときは後日に再撮するんです。今月スカパー!アダルトで放送していただける『クソ野郎と少女と美しき世界〜ブッ飛んでるけど愛がある〜』(ダイナマイトTV)もそうでした」

──たとえ撮影の予算がオーバーしても、本物にこだわって後日、同じシーンをセッティングして撮るんですね。

「V&Rプランニングはウソのウ●コは使ってねぇぞ、というのは絶対のこだわりですからね。意地でも疑似はやらないで、再撮します。見てくれる人が本物だとわかってくれるくれないというのは二の次で、そこのこだわりは譲れない」

──芸術家の発言。

「でも、だいたい、こだわりというものは第三者には伝わらないんですよね。パッケージに『当社の作品のウ●コはすべて本物です』と書くことも考えましたが、そうすると逆に嘘っぽいかなというのもある。『この薬は絶対に痩せます』みたいな」

──あ、そうか(笑)。そこまで本物にこだわると、対応してくれる女優さんのキャスティングはなかなか難しいんじゃないですか?

「人材の供給面では厳しい状況が続いています。人前で排泄をするよりも、セックスするほうがたぶん楽なんですよ。今のスカ●ロのレーベルを始めた8年前は、このジャンルがまだ確立されてないから知られてなくて、女の子やプロダクションに、セックスがないんで楽ですよって言ったら通用しました。だけど、今はウ●コのほうがハードルが高いって気づかれてしまって(笑)」

──それでも出てくれる女優さんがいるというのは心強いですね。

「女優さん同士のネットワークがあるんです。うちのしっかりとした現場を見てもらって一度信頼関係ができれば、知り合いの女の子を紹介してくれますから、意外と出てくれるコはそこそこいるんですよ」

──監督のフェチ部分も伺いたいのですが、女優さんをいざ撮影することになったとき、監督がこだわって撮る女体のパーツというのはありますか?

「お尻には昔からずっと多大な興味があります。お尻ばっかり撮ってしまうんで、ADが『あのう、このコせっかく巨乳なんで、胸もワンカット撮ってもらえますか』って」

──やっぱり、お尻に目がいっちゃうんですね。だからこそ、マニアの支持を得ているんじゃないでしょうか。

「いや、マニアにとって、僕の作品は、ある意味けしからん存在なんじゃないかと思うんですよね。ウ●コを食う人がウ●コを食うAVを撮ると、そこには、撮ってる側と出演者の『ね、おいしいでしょ?』って視点が入りますから、見ているユーザーも一体感を覚える。僕の場合は、高みから見下ろすように撮って、キミって面白いよね? なんで食うの? なんでそれで勃起するの? という問いがつねにあるんです。そこが、マニアが同調して撮っている作品と大きく違う」

──大作にして名作のほまれ高い『糞尿家族ロビンソン』(1990年)にしても、なんて連中なんだコイツらは? という好奇の視点のアングルですよね。

「面白い奴らだなっていうね」

──そうか。本物のマニアが見たら、僕らを半笑いでバカにしてるの? なんて思ってしまうのかもしれないですね。

「そう。『ウ●コ愛』がねえじゃねぇか! みたいな(笑)」

──(笑)マニアとドキュメンタリー作家の違いですね。

「だからどこかで客観視しているんです。同化ができない。そのものを見せたいのではなく、している状態の女性を見せたいということです」

──作品の編集は監督自身がやっているんですか?

「やってます。出る瞬間ていうのは、10秒〜20秒なんですよ。それをたとえば、お尻に塗るってなった場合、最初に出たものを塗るまでに15分くらいかかるんですよ、リアルタイムで。1回出して、踏ん張ってまた出すというその時間。途中でカットしちゃえばストレスなくテンポよい映像になるんですが、僕の場合は、カットしない。出てから塗るまでは疑似を使ってないよと証明したいんで、間延びしてしまう」

──あー、絶対にワンカットで見せるから。

「プロの編集マンからすると映像の完成度はどんどん下がっていく。でも、僕の哲学として、画(え)の完成度とエロは反比例するんです。プロっぽさは度外視して、見せたい部分は間延びしても見せるぞという方針で編集をしています」

──あらためて安達演出を振り返ってみて、納得しました。今日は豊かなウ●コ話に感服すら覚えました。最後に、スカ●ロ以外で撮ってみたいジャンルはありますか。

「以前やっていた面接物ですね」

──面接物といえば、『オーラルテスト 撮れたて裏面接 』(2003年)。素晴らしく面白かったですねこれ!

「それです、打ち合わせも台本もなく、ガチで女の子を攻めるトンチンカンな面接物。ADが、監督面接ですよと女の子を連れてくるのを隠しカメラで撮ったものですから」

──面接に来た純朴そうな娘に、「脱げ」だの「マ●コ臭いのか?」だの安達監督がハイテンションで迫りつつ、両手で抱えないと持てないサイズの巨大な小道具類(湯飲み茶碗のお茶、コップ酒、冷や奴、味噌田楽など)をADに持ってこさせてきて女の子を驚かせつつ、本音をしゃべらせるという、もう仰天尽くしの大傑作! 

「面接っていう体(てい)ですから、女の子は自分をよく見せようとするじゃないですか。そこで、女の子のそういう部分をどんどん崩していって、お前はいったい何者だ、日常はどういうリアクションするんだ、と女の子の素顔を描きたかったんです。巨大な冷や奴をADに持ってこさせて、巨大な箸で食べるように女の子に勧めたり。ああいう小道具を出して戸惑わせて、現実から離れたワケのわからない世界へ引き込んでいく。そうすると本音が出るんですよ」

──ドッキリの連続に対して、女の子がどうリアクションしてくるのかが見ものですね。女の子を口説くような雰囲気を出して、電話番号を教えろという流れに持ち込み、いざ女の子がメモ用紙に番号を書こうというところで出てくるのが巨大な鉛筆だったり。とにかく面白い名作ですが、その後はシリーズとして続いてないですよね。

「まったく売れなかったから。だって、通常1タイトル2500〜3000本くらい売れていた時代に、『オーラルテスト 〜』はたしか300本くらい。当時の営業部からは、頼むからもうやめてください、いいかげんにしてくださいって言われましたね」

──というくらい、ド肝を抜かれる異色作です! 読者の皆さんも、とにかく絶対これは見てください。ということで安達監督、ぜひまた面接物の新作も撮ってください。本日はありがとうございました!

前編はこちら→「人が目を背けるものを撮りたい」



Profile
安達かおる

1952年東京生まれ。1974年に大学卒業後、TV制作会社に勤務し、残酷映画『ジャンク』などを手がける。TV業界の古い慣行に失望して映像の世界からいったん離れるが、知人のAV制作を手伝った縁から戦列復帰。1986年に「V&Rプランニング」を設立し、世間が眉をひそめるドキュメンタリー作やマニア向け作品を次々にリリースして物議をかもす。現在はスカ●ロにフォーカスした作品群を精力的に発表している。


文・沢木毅彦
さわき・たけひこ 1961年生まれ。フリーライター。AV草創期よりAV専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。月刊誌、週刊誌、WEBで細々と執筆中。香港映画と香港街歩きマニア。ビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)が最好。
twitter:@berugiisan


放送情報

今月の安達かおる監督作品はこちら


スカパーアダルト番組検索


Back number
第102回 代々木忠(後編)「さらけ出してくれてありがとう」
第101回 代々木忠(前編)「愛染恭子との偶然の出会い」
第100回 芳賀栄太郎(後編)「熟女AVは朝イチがキモ」
第99回 芳賀栄太郎(前編)生保に入って外交員をキャスティング」
第98回 安達かおる(後編)「絶対に疑似は使わない」
第97回 安達かおる(前編)「人が目を背けるものを撮りたい」
第96回 ボトムズ(後編)「SWITCHの頭に込めた大きな秘密」
第95回 ボトムズ(前編)「ブルマ作品の複雑なルール」
第94回 赤羽菊次郎(後編)「ヘンリー塚本の台本なら撮ってもいい」
第93回 赤羽菊次郎(前編)「葬儀屋さんにちなんであの巨匠が命名」
第92回 YUMEJI(後編)「おじさんたちに夢の国を見せたい」
第91回 YUMEJI(前編)「オーナーからの鶴のひと声で始めた監督業」
第90回 薄刃紫翠(後編)「四つんばいのヒザを巡る対立」
第89回 薄刃紫翠(前編)「メス犬調教がライフワーク」
第88回 九十九究太(後編)「タカラ映像だからこそできる表現」
第87回 九十九究太(前編)「ドグマの名物監督たちの下で」
第86回 西中島南方(後編)「デビュー女優の複雑な初SEX」
第85回 西中島南方(前編)「SODとV&Rが人生の分かれ道」
第84回 貞邪我(後編)「ドラマを支えるオリジナルBGM」
第83回 貞邪我(前編)「武道館ライブの後に残った大借金」
第82回 春童(後編)「川上ゆうのSッ気に戦慄した瞬間」
第81回 春童(前編)「悪友と回し読んだエロ本に父の名が」
第80回 馨(後編)「専属単体女優の縛りを超えた撮り方」
第79回 馨(前編)「いつか辞めるはずだったのに」
第78回 なぎら健造(後編)「言葉よりも女心を雄弁に語るもの」
第77回 なぎら健造(前編)「女性が共感できるレ●プドラマ」
第76回 DUKE(後編)「あの子はどんなSEXするのかな?」
第75回 DUKE(前編)「長続きしたのは桃太郎の仕事だけ」
第74回 デラ3(後編)「SEXを仕事にできる人にリスペクト」
第73回 デラ3(前編)「脱がせたら競泳水着の意味がない」
第72回 菅原養史(後編)「人妻の浮気SEXのリアルを実地調査」
第71回 菅原養史(前編)「高橋がなりを唸らせた『古臭さ』」
第70回 五右衛門(後編)「アロマ企画とFAプロに学んだ」
第69回 五右衛門(前編)「乳首をいじられないとイケない」
第68回 朝霧浄(後編)「男を狂わせる菩薩にエロが潜む」
第67回 朝霧浄(前編)「入社3ヶ月で監督デビューを直訴」
第66回 南☆波王(後編)「カラミじゃなくてSEXを撮りたい」
第65回 南☆波王(前編)「金髪とタンクトップ姿の履歴書」
第64回 イタカ・スミスリンパウダー(後編)「坂道を流れるお漏らしの魅力」
第63回 イタカ・スミスリンパウダー(前編)「撮影現場で毛ジラミが発覚」
第62回 川崎軍二(後編)「息子と妻と一緒にロケハンへ」
第61回 川崎軍二(前編)「カラオケ映像で監督デビュー」
第60回 濱竜二(後編)「女子●生は中年男を浄化する」
第59回 濱竜二(前編)「絶望の先に希望を見つけたい
第58回 青髭大悟(後編)「初脱ぎでの恥じらいを追求」
第57回 青髭大悟(前編)「安定した生活が急に嫌になった」
第56回 白虎(後編)「顔がマ●コに埋まるレズクンニ」
第55回 白虎(前編)「昔はレズが苦手なザーメンマニア」
第54回 海山輝一(後編)「僕はアソコのアップがないとダメ」
第53回 海山輝一(前編)「センズリコキの現役だっただけ」
第52回 あばしり一家(後編)「人気女優を輝かせる汚しの技術」
第51回 あばしり一家(前編)「各方面で才を発揮した男が選んだ道」
第50回 ドラゴン西川(後編)「マッサージ師はしゃべりが命」
第49回 ドラゴン西川(前編)「松嶋クロスから突然の採用通知」
第48回 小坂井徹(後編)「パンチラ映像ですごくヌイてます」
第47回 小坂井徹(前編)「映研出身者は助監督に向かない」
第46回 ながえ(後編)「ヘンリー塚本の背中に親父を見た」
第45回 ながえ(前編)「少年の絶望を救った映画とAV」
第44回 タイガー小堺(後編)「自分に来る電話は一番じゃない」
第43回 タイガー小堺(前編)「パンチパーマで眉毛なしのAD」
第42回 黒田悠斗(後編)「レジェンドに導かれた監督業」
第41回 黒田悠斗(前編)「中高で女子と喋ったのは4回のみ」
第40回 麒麟(後編)「正座して僕を待っていた浮気嫁」
第39回 麒麟(前編)「巨匠・黒澤あららの上をいきたい」
第38回 嵐山みちる(後編)「女性のコンプレックスに興奮する」
第37回 嵐山みちる(前編)「初出社の前日に会社が大騒ぎ」
第36回 K*WEST(後編)「パンチラは綿パンに限る」
第35回 K*WEST(前編)「野良猫が肉に見えた貧乏時代」
第34回 紋℃(前編)「エロい女優の現場で密かに勃起」
第33回 紋℃(前編)「"AV監督"の響きに惹かれた」
第32回 沢庵(後編)「1割はやりたいことをやっちゃう」
第31回 沢庵(前編)「チ●コに靴下をかぶせてプレゼン」
第30回 バクシーシ山下(後編)「イケない嫌なSEXもSEXのうち」
第29回 バクシーシ山下(前編)「若き日のSEXトライアスロン」
第28回 梁井一(後編)「異物挿入自慰にふけった中学時代」
第27回 梁井一(前編)「後ろ指をさされる仕事に惹かれた」
第26回 真咲南朋(後編)「MとMが互いに苦しめ合うSEX」
第25回 真咲南朋(前編)「ハメ撮られ好きの女子大生でした」
第24回 溜池ゴロー(後編)「横に座ってくれた瞬間に勃起した」
第23回 溜池ゴロー(前編)「最初はイヤだった『溜池ゴロー』」
第22回 ヘイキチロウ(後編)「弟目線で女優を見るのが性に合う」
第21回 ヘイキチロウ(前編)「美少女単体のベタな演出を大切に」
第20回 野本義明(後編)「1人の女の子をじっくり追いたい」
第19回 野本義明(前編)「食品売場の熟女が大好きすぎて」
第18回 雪村春樹(後編)「羞恥の縄は緩くかけるべし」
第17回 雪村春樹(前編)「緊縛モデルを地元で口説いてた」
第16回 ペヤングマキ(後編)「男の人にエロいと思われたい」
第15回 ペヤングマキ(前編)「むっつりスケベだったんです」
第14回 伊勢鱗太朗(後編)「シナリオ教室の教えの逆をいく」
第13回 伊勢鱗太朗(前編)「ブルーフィルムで処女AV」
第12回 タートル今田(後編)「『カン松のニセモノ』はつらかった」
第11回 タートル今田(前編)「大人の女に甘えるほうが好きなんです」
第10回 坂本優二(後編)「お掃除フェラを頼まれた」
第9回 坂本優二(前編)「ビニ本のポエムをAVに応用」
第8回 豊田薫(後編)「一期一会の撮影が楽しい」
第7回 豊田薫(前編)「25歳、夕刊紙の三行広告で就職」
第6回 ヘンリー塚本(後編)「ベロならボカシ不要のSEXが撮れる」
第5回 ヘンリー塚本(前編)「ファミリービデオで脱サラを決意」
第4回 TOHJIRO(後編)「心のシャッターに指1本ぶんの隙間を」
第3回 TOHJIRO(前編)「森下くるみに本物の『うぶ』を見た」
第2回 カンパニー松尾(後編)「チ●コとテロップで二度ハメる」
第1回 カンパニー松尾(前編)「ハメ撮りの帝王は素●童貞だった」
TOPに戻る
このページのトップへ
© SKY Perfect JSAT Corporation.