フィーチャーフォン・ガラケー向け
「スカパー!アダルト公式サイト」
終了のお知らせ
スカパー!アダルト
アダルト番組の視聴はここをチェック

連載コラム

天才鬼才インタビュー
カントクたちがAVを撮る理由

第84回 貞邪我(後編)
「ドラマを支えるオリジナルBGM」

前編はこちら→「武道館ライブの後に残った大借金」

監督

「オルガ作品のベースには自分の時代体験が持ち込まれているんです」という貞邪我監督。彼の「昭和」へのこだわりが多くの名作に結実した。

──昭和が香るドラマメーカーとしてオルガが発足したのは、貞邪我監督の意向だったんですか?

「スポンサーとの打ち合わせの中で『日活ロマンポルノ』風ということで一致してました。淫靡なエロスを見せつつもドラマとしても作り込むという」

──スポンサーも同年代の方?

「そうですね。僕らの目指すところとして、『Vポルノ』という言葉を作りました。VシネマとAVとの中間ぐらいの立ち位置ということです。妄想力をかき立てる官能型AVドラマを目指そうと。時代背景がレトロ風なのも年配ユーザーをターゲットにしたからです」

──キャスティングは?

「候補の女優さんは数々いたんですが、まずはこけら落としには北条麻妃さんと川上ゆうさんに出演していただきました。そして2013年6月、『人妻炎情 時代の掟に背いた禁断情交 北条麻妃』と『昭和性虐物語 逃れられない主従姦通 川上ゆう』の2作品でオルガがスタートしたんです。その後はいわゆる実力派熟女優と呼ばれる女優さんに片っ端から出演していただきました。さすが皆さん、素晴らしい熱演をしていただきましたよ」

──当時、ロマンポルノ風味とか昭和のエロスとうたわれたAVは、FAプロ作品などいくつかありました。他社作品を意識していた部分はあるんですか?

「ええ。意識をするというよりも研究させていただきました。大昔からつき合ってるVTRカメラマンと温泉合宿に行って(笑)、ドラマメーカーのAVを何十本も鑑賞して 各メーカーさんの特徴を把握研究したんです。『FAプロのヘンリー塚本監督の撮り方はこうだよね、でも僕が撮るとこうなるよ』と、僕の気持ちを彼に伝えて」

──カメラマンは一心同体の相棒ということですね。

「そうです。オルガにしかできない特徴をどう作ろうかと、2人で突き詰めていきました。FAプロさんもながえスタイルさんも、確固たる独自の作風が確立されているので、改めて敬服しましたが、じゃあオルガはどうしようかという話になるわけです。FAプロの作品は大好きですけどマネしてもダメなわけだし、同じものを作ろうと思っても作れないわけですし」

──それが個性というやつですからね。そこで貞邪我監督はどういう作風を見いだしたんですか。

「ドラマ部分に感情移入してもらいながらカラミへどう繋げるかが課題でした。たとえば1つの作品に喜怒哀楽の4要素は必ず入れること。そうなるとドラマ部分が増えちゃうんですけどね」

──なるほど。目指せ日活ロマンポルノですからね。

「あと、ドラマって音楽に左右されるところがものすごくあって。挿入する音楽を間違えると意図しない雰囲気になってしまう。だから音楽は毎回録りおろしてます」

──え、毎回オリジナルの曲を?

「以前一緒にバンドやっていた人間に頼んで作ってもらってます。毎回これこれこんな感じだって僕がイメージを伝えて、ここダメ、ここ直そう、ってやりとりを経て、主人公のテーマと、その作品のタイトルのテーマができあがるんです。そしてそれらの曲のバリエーションを作る。フルートとかバイオリンとか違う音色、あとアップテンポにしたものなど」

──PCソフトで作ってるんですか?

「はい。本当は生楽器で録音できればいいんでしょうけど、予算もかかるし……(笑)」

──さすがミュージシャンですね。

「それが自分のこだわりなんです。なにもそこまでしなくてもってよく言われるんですが……(笑)」

──確かにオルガ作品は、音楽でグッと情感が盛り上がるシーンが多い。オルガ旗揚げの2作品は、売り上げの数字的にはどうだったんですか?

「当初は新参メーカーゆえに相当苦労しました。でも時間をかけながらも徐々にリクープ中です。このコンセプトは浸透するまで時間がかかる。そのかわり賞味期限が長いというのが正直な感想です。まだまだユーザー開拓を仕掛けていきます」

──オルガの中に別レーベルもできて、最近ではなぎら健造監督も起用してますよね。それはメーカーにとってどういう位置づけなんですか?

「ドラマAVでは確固たる地位を築いている『なぎら建造監督作品』をタイアップリリースするという図式です。相乗効果が生まれることでイメージアップや売上げアップを狙っています」

──他社のAVにはない、オルガだけのこだわりの部分を、あらためて聞かせてください。

「ただのSEXシーンを見たいのではなく、女性がSEXするにいたるまでの感情の動きや周囲の状況を見たい人たちに向けて作られているドラマ作品です。そしてそれをオリジナルの音楽が支えています。たとえ似たようなシーンだとしても、前に使った同じ曲を使うことはしません。北条麻妃のテーマを1曲作っても、別の作品に出てもらったときは、また新たな北条麻妃のテーマができるわけですよ」

──そうか。作品ごとに川上ゆうのテーマ、波多野結衣のテーマがちゃんとあるんですね。

「ありますあります」

──そう聞くと、サントラ盤が欲しくなってきました。前編の記事でも触れましたが、今月はレッドチェリーで、貞邪我監督が過去に撮った谷原希美、三浦恵理子、桐島綾子、波多野結衣、飯岡かなこの名作をオムニバスにした『昭和人妻官能絵巻【第二章】 〜背徳に悶える妖艶な肉体達〜 [ディレクターズ特別編集版]』も放送されます。この中で、飯岡かなこのパートは、『ブルーフィルムの若妻 〜夫には言えない淫らな秘密』が元になっていますが、ブルーフィルムなんて、よくぞ今の時代にという題材ですよね。貞邪我監督が物語を作るときは、どういうところから着想を得るんですか?

「昭和といえば何? というキーワードをいろいろ考えてあるんです。たとえば飯岡かなこのは、ブルーフィルムというテーマでずっと1本作りたかった。このために8ミリフィルムのカメラをネットオークションで買ったんですよ」

──桐島綾子の『下宿屋女将の淫欲 〜熟れた肢体に群がる男達〜 』も、昭和の頃はいっぱいあった下宿屋が舞台。借金取りの男に抱かれつつ、最後は下宿している純情な青年と寝てあげるといういい話。

「僕も下宿経験があったんです。高校2年のとき、親父が転勤で遠くに引っ越したので、僕だけ下宿して高校に通うことになったんです。僕はバンドをやってて女の子からキャーキャーいわれていたので、他の下宿人からのイジメに遭ってたんですよ」

──お前だけ女にモテやがってコノヤローって。

「モテた記憶はあまりないのですが、なにせ目立ってたんでしょうね(笑)。下宿屋に帰るとおかずは誰かに食われ、ごはんとみそ汁しかない。しかもみそ汁の具なんて見当たらず……みたいな(笑)」

──波多野結衣の『恥辱の愛 〜肉体奉公する裸婦画の女〜』は、人妻が借金返済のため、画家のヌードモデルになるという、昭和30年代を感じさせる物語。波多野結衣の演技も素晴らしいと思いました。

「ピカイチです。“世界のハタノ”と呼ぶにふさわしい女優だと思います」

──『めかけ恋女〜逃れられない淫虐の関係〜』は、はじけた淫女の役も多い三浦恵理子が、純情な青年と恋に落ちる哀しい女をしっとりとした芝居と濡れ場で見せています。三浦さんの新たな魅力に触れました。

「桜の木の下で女がホロリと涙をこぼすシーンがあるんですが、自分としては目薬対応でもよかったんです。でも彼女は根がすごくマジメな人だから、本当に涙を出すと言って聞かない。だけど待てども待てども涙が流れ落ちてこないから、もう無理だなと『はい、カット』って止めたんです。そうしたら、『今涙が出たところなのにィ』ってふくれてるんです(笑)」

──見た目と違って、おきゃんなかわいらしさがある人って聞いてたけど、いいエピソードですね(笑)。

「彼女は役者魂のある女優さんですね」

──「昭和」の題材で、今後撮ってみたいものは具体的にありますか。

「ストリップ物をやりたいんです。過去にストリッパーだった女性という設定では撮ったことがあるんですけど、次は現役のストリッパーの話を撮りたい。昭和の女の生きざまの裏には必ず悲しみとか情念があって、SEXするためには必ず理由がある。その理由を比較的悲しく描くのでダメなんだけどね」

──ダメなんですか。

「もっとポップに描かなくてはと思うんだけど、どうしても哀愁の方向にいってしまう……」

──演歌になるわけですね。

「そう。オルガ的演歌になっちゃう(笑)」

──また演歌が似合う人材が豊富ですからね、熟女界は。今、撮りたい女優はいますか?

「翔田千里アゲインですね」

──引退されましたよね。

「それが、復活するかもしれないっていう噂があるんです。オルガ発足第3弾『しのび逢瀬 崩れ堕ちる背徳の肉体 翔田千里』を撮ったとき、自分で脚本を書いておきながら、翔田さんのあまりの熱演に思わずホロリときました。人妻が出会った不倫相手と過去の話をしているシーンで彼女は本泣きしているんですよ」

──いいシーンをものにできたんですねぇ。

「翔田さんはもう1回撮りたいですね」

──どうしてもアイディアが出ないときというのは、どうやって打開してるんですか?

「僕はいつもネタ帳をそばに置いてるんです。テーマやコンセプト、キーワードから小道具に至るまで、思いついたらメモしてるんです。なんせ最近物忘れが激しいので(笑)、そうして断片的なアイディアを結合させていくんです」

──それは頼もしい。では、これからも昭和を意識した物語をAVで撮り続けるわけですね。

「そうですね。あくまでも僕の昭和観なので自分の経験値としてのエロチシズムを描写できればうれしいですね。そして同じ時代を生き抜いて来た同輩の方たちに少しでも共鳴していただけるよう、これからもがんばります」

「オルガの作品には賞味期限がありません」と貞邪我監督はいう。発売された時点ですでに懐かしい昭和のエロスは、まるで演歌歌手の持ち歌のように何年経っても色褪せることはないのだと言われれば、確かにうなずける。多額の借金は、数年前に無事に完済したとのこと。平成も終わろうかという今、そして今後、ますますオルガの昭和物が渇望の対象となるだろう。貞邪我監督、期待しています!


Profile
貞邪我(ていじゃが)

1957年岩手生まれ。1983年、ロックバンド「JAGATARA」にドラマーとして参加。1990年、自身がマネジメントを手がけるバンドの武道館公演で巨額の借金を背負い、AV制作会社に入社しコツコツ返済開始。2000年、某大手アダルトメーカーに移籍。2008年、同社作品で監督デビュー。2011年に同社を解雇されて路頭に迷う。2013年、AVメーカー「オルガ」を立ち上げ、独自の昭和エロスを追求し続ける。


文・沢木毅彦
さわき・たけひこ 1961年生まれ。フリーライター。AV草創期よりAV専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。月刊誌、週刊誌、WEBで細々と執筆中。香港映画と香港街歩きマニア。ビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)が最好。
twitter:@berugiisan


放送情報
今月の貞邪我監督作品はこちら


スカパー!アダルト番組検索


Back number
第102回 代々木忠(後編)「さらけ出してくれてありがとう」
第101回 代々木忠(前編)「愛染恭子との偶然の出会い」
第100回 芳賀栄太郎(後編)「熟女AVは朝イチがキモ」
第99回 芳賀栄太郎(前編)生保に入って外交員をキャスティング」
第98回 安達かおる(後編)「絶対に疑似は使わない」
第97回 安達かおる(前編)「人が目を背けるものを撮りたい」
第96回 ボトムズ(後編)「SWITCHの頭に込めた大きな秘密」
第95回 ボトムズ(前編)「ブルマ作品の複雑なルール」
第94回 赤羽菊次郎(後編)「ヘンリー塚本の台本なら撮ってもいい」
第93回 赤羽菊次郎(前編)「葬儀屋さんにちなんであの巨匠が命名」
第92回 YUMEJI(後編)「おじさんたちに夢の国を見せたい」
第91回 YUMEJI(前編)「オーナーからの鶴のひと声で始めた監督業」
第90回 薄刃紫翠(後編)「四つんばいのヒザを巡る対立」
第89回 薄刃紫翠(前編)「メス犬調教がライフワーク」
第88回 九十九究太(後編)「タカラ映像だからこそできる表現」
第87回 九十九究太(前編)「ドグマの名物監督たちの下で」
第86回 西中島南方(後編)「デビュー女優の複雑な初SEX」
第85回 西中島南方(前編)「SODとV&Rが人生の分かれ道」
第84回 貞邪我(後編)「ドラマを支えるオリジナルBGM」
第83回 貞邪我(前編)「武道館ライブの後に残った大借金」
第82回 春童(後編)「川上ゆうのSッ気に戦慄した瞬間」
第81回 春童(前編)「悪友と回し読んだエロ本に父の名が」
第80回 馨(後編)「専属単体女優の縛りを超えた撮り方」
第79回 馨(前編)「いつか辞めるはずだったのに」
第78回 なぎら健造(後編)「言葉よりも女心を雄弁に語るもの」
第77回 なぎら健造(前編)「女性が共感できるレ●プドラマ」
第76回 DUKE(後編)「あの子はどんなSEXするのかな?」
第75回 DUKE(前編)「長続きしたのは桃太郎の仕事だけ」
第74回 デラ3(後編)「SEXを仕事にできる人にリスペクト」
第73回 デラ3(前編)「脱がせたら競泳水着の意味がない」
第72回 菅原養史(後編)「人妻の浮気SEXのリアルを実地調査」
第71回 菅原養史(前編)「高橋がなりを唸らせた『古臭さ』」
第70回 五右衛門(後編)「アロマ企画とFAプロに学んだ」
第69回 五右衛門(前編)「乳首をいじられないとイケない」
第68回 朝霧浄(後編)「男を狂わせる菩薩にエロが潜む」
第67回 朝霧浄(前編)「入社3ヶ月で監督デビューを直訴」
第66回 南☆波王(後編)「カラミじゃなくてSEXを撮りたい」
第65回 南☆波王(前編)「金髪とタンクトップ姿の履歴書」
第64回 イタカ・スミスリンパウダー(後編)「坂道を流れるお漏らしの魅力」
第63回 イタカ・スミスリンパウダー(前編)「撮影現場で毛ジラミが発覚」
第62回 川崎軍二(後編)「息子と妻と一緒にロケハンへ」
第61回 川崎軍二(前編)「カラオケ映像で監督デビュー」
第60回 濱竜二(後編)「女子●生は中年男を浄化する」
第59回 濱竜二(前編)「絶望の先に希望を見つけたい
第58回 青髭大悟(後編)「初脱ぎでの恥じらいを追求」
第57回 青髭大悟(前編)「安定した生活が急に嫌になった」
第56回 白虎(後編)「顔がマ●コに埋まるレズクンニ」
第55回 白虎(前編)「昔はレズが苦手なザーメンマニア」
第54回 海山輝一(後編)「僕はアソコのアップがないとダメ」
第53回 海山輝一(前編)「センズリコキの現役だっただけ」
第52回 あばしり一家(後編)「人気女優を輝かせる汚しの技術」
第51回 あばしり一家(前編)「各方面で才を発揮した男が選んだ道」
第50回 ドラゴン西川(後編)「マッサージ師はしゃべりが命」
第49回 ドラゴン西川(前編)「松嶋クロスから突然の採用通知」
第48回 小坂井徹(後編)「パンチラ映像ですごくヌイてます」
第47回 小坂井徹(前編)「映研出身者は助監督に向かない」
第46回 ながえ(後編)「ヘンリー塚本の背中に親父を見た」
第45回 ながえ(前編)「少年の絶望を救った映画とAV」
第44回 タイガー小堺(後編)「自分に来る電話は一番じゃない」
第43回 タイガー小堺(前編)「パンチパーマで眉毛なしのAD」
第42回 黒田悠斗(後編)「レジェンドに導かれた監督業」
第41回 黒田悠斗(前編)「中高で女子と喋ったのは4回のみ」
第40回 麒麟(後編)「正座して僕を待っていた浮気嫁」
第39回 麒麟(前編)「巨匠・黒澤あららの上をいきたい」
第38回 嵐山みちる(後編)「女性のコンプレックスに興奮する」
第37回 嵐山みちる(前編)「初出社の前日に会社が大騒ぎ」
第36回 K*WEST(後編)「パンチラは綿パンに限る」
第35回 K*WEST(前編)「野良猫が肉に見えた貧乏時代」
第34回 紋℃(前編)「エロい女優の現場で密かに勃起」
第33回 紋℃(前編)「"AV監督"の響きに惹かれた」
第32回 沢庵(後編)「1割はやりたいことをやっちゃう」
第31回 沢庵(前編)「チ●コに靴下をかぶせてプレゼン」
第30回 バクシーシ山下(後編)「イケない嫌なSEXもSEXのうち」
第29回 バクシーシ山下(前編)「若き日のSEXトライアスロン」
第28回 梁井一(後編)「異物挿入自慰にふけった中学時代」
第27回 梁井一(前編)「後ろ指をさされる仕事に惹かれた」
第26回 真咲南朋(後編)「MとMが互いに苦しめ合うSEX」
第25回 真咲南朋(前編)「ハメ撮られ好きの女子大生でした」
第24回 溜池ゴロー(後編)「横に座ってくれた瞬間に勃起した」
第23回 溜池ゴロー(前編)「最初はイヤだった『溜池ゴロー』」
第22回 ヘイキチロウ(後編)「弟目線で女優を見るのが性に合う」
第21回 ヘイキチロウ(前編)「美少女単体のベタな演出を大切に」
第20回 野本義明(後編)「1人の女の子をじっくり追いたい」
第19回 野本義明(前編)「食品売場の熟女が大好きすぎて」
第18回 雪村春樹(後編)「羞恥の縄は緩くかけるべし」
第17回 雪村春樹(前編)「緊縛モデルを地元で口説いてた」
第16回 ペヤングマキ(後編)「男の人にエロいと思われたい」
第15回 ペヤングマキ(前編)「むっつりスケベだったんです」
第14回 伊勢鱗太朗(後編)「シナリオ教室の教えの逆をいく」
第13回 伊勢鱗太朗(前編)「ブルーフィルムで処女AV」
第12回 タートル今田(後編)「『カン松のニセモノ』はつらかった」
第11回 タートル今田(前編)「大人の女に甘えるほうが好きなんです」
第10回 坂本優二(後編)「お掃除フェラを頼まれた」
第9回 坂本優二(前編)「ビニ本のポエムをAVに応用」
第8回 豊田薫(後編)「一期一会の撮影が楽しい」
第7回 豊田薫(前編)「25歳、夕刊紙の三行広告で就職」
第6回 ヘンリー塚本(後編)「ベロならボカシ不要のSEXが撮れる」
第5回 ヘンリー塚本(前編)「ファミリービデオで脱サラを決意」
第4回 TOHJIRO(後編)「心のシャッターに指1本ぶんの隙間を」
第3回 TOHJIRO(前編)「森下くるみに本物の『うぶ』を見た」
第2回 カンパニー松尾(後編)「チ●コとテロップで二度ハメる」
第1回 カンパニー松尾(前編)「ハメ撮りの帝王は素●童貞だった」
TOPに戻る
このページのトップへ
© SKY Perfect JSAT Corporation.