スカパー!アダルト
アダルト番組の視聴はここをチェック

連載コラム

天才鬼才インタビュー
カントクたちがAVを撮る理由

第81回 春童(前編)
「悪友と回し読んだエロ本に父の名が」

監督

春童監督は、「大洋図書」レーベルや「S&Mスナイパー」レーベルで多くのSM映像作品を世に出す一方で、大洋図書をはじめとする出版社で組織される大洋グループの会長・小出英二という顔も持っている。SM監督であり経営者である彼が語ってくれた、実にあじわい深い話を今月はたっぷりお届けする。

──今月、「S&Mスナイパー」レーベルの春童監督の作品が、スカパー!アダルトで放送されます。『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』(チェリーボム)に込めた、監督としての思いを聞かせてください。

「僕にとっては、これが川上ゆうちゃんを撮る最後の作品。彼女の集大成的なものを残したいと思って撮りました」

──監督と川上ゆうちゃんの関係は長いのですか?

「僕が彼女と初めて会ったのは、彼女が川上ゆうに改名したタイミングで、『「私的撮影」 川上ゆう』(大洋図書・2008年11月発売)を撮ったときでした」

──彼女はロ●ータ美少女路線をやめてSMにもトライしようと改名したわけですよね。

「当時は、何でもできる、どこまでもやれてしまう怪物みたいな女優というイメージを感じましたし、この作品は今でもすごく売れてるんです。ですが、あの頃と比べるとやはり最近の彼女は年齢とともに肉体的に疲れてきているように思います。今回の『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』の前には、『「TIDE UP」 BONDAGE LIFE VOL.1 川上ゆう』(S&Mスナイパー・2016年11月発売)という作品を撮っていますが、撮影の翌日に彼女は病院に行ってるんです。アメリカンボンデージ調の軽い撮影のつもりだったんだけど、腰を痛めてしまった。本人は頑張り屋だし、どんなプレイでも大丈夫ですって言うんだけど、経営者の立場としたら事故も怖いので、もうこれ以上は僕は撮れない。そう思って企画したのが、『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』なんです。彼女のファンに向けて、最後にファンが納得してくれる作品を作りたかった」

──作品中でのゆうちゃんは、いろんなフェチのお客さんを相手にする風俗嬢役ですね。

「心を病んでいる偏食の女の子が、もっと病んでる客を相手にしていくうちに変わっていくという、心変わりを撮りたかったんですね」

──接客の合い間に、風俗店の事務所でゆうちゃんが弁当を食べるシーンが挿入されますが、彼女は神経質そうな空気を漂わせていましたね。そして彼女を指名する客たちが、癖のある男ばかり。

「5人のお客さんが出てくるので、このうちのどれかに視聴者さんの性癖と重なるものがあると思います」

──イラマチオ好きの中●しレ●プ男、M男、純情な中年、匂いフェチの老人、社長役と秘書役などのイメージプレイにこだわる男などですね。今どきのAVと比べると、それぞれカラミのシーンが短いように思いましたが、何か狙いがあるんですか?

「僕自身、SEXがそんなに強くないので、せいぜい20分くらいでいいんですね。今のAVって、長い前戯があって潮を吹かせて、フェラをさせてといった具合に、見せるためにいろいろやってからようやくSEXが始まるじゃないですか。だけど僕自身はそういう手順を踏まないし、見てる人もそうだろうと思ってるんです」

──昔のVHSテープ時代のAVの尺は、45〜60分でした。そうした作品で見せているカラミの時間が、普通の男のオナニーにシンクロしていると思います。オナニーに優しいAVという感じ。

「昔はエロ場面が始まってから男優の射精まで15分くらいにまとめていたものが、今はどんどん長くなってきた。僕は、それが嫌だからSEXシーンは短くしています。僕の撮るものは、大々的に女優を売り出すためにいろんなプレイをして、大きな売り上げを目指す作品ではなくて、僕の性癖を撮り連ねているだけという部分もあるんですよ」

──『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』に出てくる男5人のフェチの部分は、全部が春童監督の中にあるということですね。それを積み重ねたうえであの感動的なラストシーンにたどり着くと。

「純情な中年男の客から真心を捧げられたとき、川上ゆうちゃんがどうリアクションするのか、ぜひ見ていただきたいですね」

──では、春童監督を名乗り始める前のお話として、小出会長がエロ本出版社の経営に関わるようになった経緯から伺いたいと思います。

「オヤジが死んだのが、僕が13歳のときなんです」

──大洋グループの創業者の小出英男氏ですね。

「団鬼六さんと『SMキング』を作ったりした人間なんですが、親父が死んだ後の会社は、母親が跡を継いで、僕はバイトをしに行くようになりました。高校2年ぐらいのときには倉庫の仕事をしたり、リヤカーを引いてエロ本の配達をして、18歳になったら免許を取ってトラックで配送するようになりました」

──監督は1960年生まれだから1970年代後半の話ですね。当時から小出ジュニアとして大洋グループを継ぐという道筋は決まっていたわけですか?

「本当はクラシックギター奏者になりたいと思っていました。大学を卒業する前、年に1回開催される日本ギターコンクールで優勝できたら、跡を継がずにクラシックギターの道に進みますよと母には言っていたんですが、優勝できませんでした。僕の上には兄がいるんですが、歯医者をやっています。ウチの家系はみんな医者で、こんなやくざな商売をやっているのは僕だけなんです」

──そうは言っても春童監督こと小出会長は、エロの家業に愛着がありそうですし、かなりのSM好きと聞きます。どういったきっかけで目覚めたんですか?

「小学校6年か中1の頃のことですが、当時住んでいた谷中の悪ガキたちと、地元の書店にエロ本を調達しに行こうという話になりました。小さい体でも隠しやすいように、小さいエロ本をみつくろって、それで手に入れたのが、『SMキング』でした」

──新書判の小さいやつですね。

「谷中の墓地に行って、ワクワクしながらみんなで見るんです。女性が縛られて吊られてという、杉浦(則夫カメラマン)先生が撮ったものが載っていました」

──そうか、その頃から杉浦さんはグラビアを撮ってたんだ。息長いですよねぇ。

「半年ぐらい“秘密基地”で『SMキング』を見てたら、友達が言ったんです。『ブーちゃん(春童監督の当時の愛称)のお父さんと同じ名前じゃん?』って。発行人・小出英男って書いてある」

──ほほう、なんと劇的な。

「あまりにすごいエロ本だったんで、家に帰って母親に相談したんですよ。そしたら『あのクソオヤジ!』って母親が怒りだして、ものすごい夫婦喧嘩が始まったんです。当時、オヤジが自分の仕事を母親に説明するときには、『俺は本の卸売をしてる』『エロはやってない』と言い張っていたんです」

──なのにエロをやってたとなれば、一大事ですね。

「死んだオヤジは16回会社を潰していて、17回目に起こした会社が大洋図書でしたから、『そんなことやってたらまた会社潰すことになるぞ』と、おふくろに怒られていました。だけど結局オヤジはエロ本を出し続けたんです」

──お父様はSMが好きだから手がけていたんですか?

「オヤジは完全に商売としてです。グラビア撮影の現場にも行ってなかったですし」

──父親がSM雑誌を作っていた事実を、小出少年はどう受け止めたんですか?

「なにしろ全部が緊縛のSM雑誌でしたから、子どもにはショックではありましたよね。でも、やっぱり興味を抱いてしまって、父親の書斎を調べるようになりました。あちこちからSMの写真がいろいろ出てくるんです」

──小出少年は、そこからSMに傾倒していくんですね。

「初めて見たエロがSMだったんで、トラウマと同時にSMしか受けつけなくなっちゃって。高校時代に倉庫で働くようになると、『S&Mスナイパー』『SMスピリッツ』『緊縛スナイパー』などなどウチが出してたいろんなSM雑誌が返本されてくる。それを見てるうちに、結局そっちの趣味ばっかりになっちゃったんです」

──あの当時は、大洋図書だけでなく、新書判のSM雑誌が花盛りでしたね。『SMセレクト』(東京三世社)、『SMコレクター』(サン出版)、『SMファン』(司書房)。エロ本出版社の跡継ぎとしては頼もしい息子だったんだと思いますが、クラシックギターを断念して大学を卒業して、大洋図書に入社されてからは、次期社長として、まずはいろんな部署を経験して回ったんですか?

「倉庫をやって、営業をやって、ひと通りのことをやりましたね。途中でおふくろに言われたのが、『その背広もビールも、全部女を縛ったカネで買えてるんだからね』って」

──きついひと言ですね(笑)。

「本当に言われたんです。おふくろと焼き鳥屋に行くと『この焼き鳥1本も女縛った金があるから買えるんだ』と。『だからおまえも習え』と、おふくろに言われて」

──え、緊縛の勉強をしなさいと!? そんな結論になっちゃうんですか!

「男まさりのすごい母親で。それで、濡木痴夢男さんの『緊美研』に通うようになったんです」

──昭和のSM文化の重鎮、濡木痴夢男さん(故人)が主宰していたのが緊縛美研究会で、そこが出していた会報誌が『緊美研通信』ですね。

「でも、習っても僕は全然ダメで、当時、東京三世社から出てた“縛り方教室”みたいな本を見て自分で勉強している頃、雪村春樹さんと出会ったんです」

──その後雪村監督の弟子になり、「春童」の名も雪村監督からもらったんですよね。

「はい。僕が一番弟子です。雪村春童を名乗ることもあります」

雪村春樹監督は当コーナーでもインタビューしているが、2016年3月に惜しまれながら亡くなった。後編では、緊縛界の巨匠・雪村春樹監督との関わりから、仰天ネタだらけの過去まで明かしてくれました。乞うご期待!


Profile
春童(はるわらべ)

1960年東京生まれ。エロ本出版&販売大手・大洋グループ創業者の子として育ち、父が発行人を務める『SMキング』を思春期に見てSMに開眼。跡継ぎ修業の一環として濡木痴夢男の緊縛美研究会で研鑽を積み、1988年に社長就任。グループを総合エロ本出版社に成長させる傍らSM作品の製作現場に関わり続け、故・雪村春樹氏が緊縛師として飛躍する土台を作った。


文・沢木毅彦
さわき・たけひこ 1961年生まれ。フリーライター。AV草創期よりAV専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。月刊誌、週刊誌、WEBで細々と執筆中。香港映画と香港街歩きマニア。ビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)が最好。
twitter:@berugiisan


放送情報
今月の春童監督作品はこちら

『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』
Ch.947 チェリーボム
12/1(金) 深1:30~ CS初放送
【その他放送日】6・9・14・17・22・23・25・29


Back number
第102回 代々木忠(後編)「さらけ出してくれてありがとう」
第101回 代々木忠(前編)「愛染恭子との偶然の出会い」
第100回 芳賀栄太郎(後編)「熟女AVは朝イチがキモ」
第99回 芳賀栄太郎(前編)生保に入って外交員をキャスティング」
第98回 安達かおる(後編)「絶対に疑似は使わない」
第97回 安達かおる(前編)「人が目を背けるものを撮りたい」
第96回 ボトムズ(後編)「SWITCHの頭に込めた大きな秘密」
第95回 ボトムズ(前編)「ブルマ作品の複雑なルール」
第94回 赤羽菊次郎(後編)「ヘンリー塚本の台本なら撮ってもいい」
第93回 赤羽菊次郎(前編)「葬儀屋さんにちなんであの巨匠が命名」
第92回 YUMEJI(後編)「おじさんたちに夢の国を見せたい」
第91回 YUMEJI(前編)「オーナーからの鶴のひと声で始めた監督業」
第90回 薄刃紫翠(後編)「四つんばいのヒザを巡る対立」
第89回 薄刃紫翠(前編)「メス犬調教がライフワーク」
第88回 九十九究太(後編)「タカラ映像だからこそできる表現」
第87回 九十九究太(前編)「ドグマの名物監督たちの下で」
第86回 西中島南方(後編)「デビュー女優の複雑な初SEX」
第85回 西中島南方(前編)「SODとV&Rが人生の分かれ道」
第84回 貞邪我(後編)「ドラマを支えるオリジナルBGM」
第83回 貞邪我(前編)「武道館ライブの後に残った大借金」
第82回 春童(後編)「川上ゆうのSッ気に戦慄した瞬間」
第81回 春童(前編)「悪友と回し読んだエロ本に父の名が」
第80回 馨(後編)「専属単体女優の縛りを超えた撮り方」
第79回 馨(前編)「いつか辞めるはずだったのに」
第78回 なぎら健造(後編)「言葉よりも女心を雄弁に語るもの」
第77回 なぎら健造(前編)「女性が共感できるレ●プドラマ」
第76回 DUKE(後編)「あの子はどんなSEXするのかな?」
第75回 DUKE(前編)「長続きしたのは桃太郎の仕事だけ」
第74回 デラ3(後編)「SEXを仕事にできる人にリスペクト」
第73回 デラ3(前編)「脱がせたら競泳水着の意味がない」
第72回 菅原養史(後編)「人妻の浮気SEXのリアルを実地調査」
第71回 菅原養史(前編)「高橋がなりを唸らせた『古臭さ』」
第70回 五右衛門(後編)「アロマ企画とFAプロに学んだ」
第69回 五右衛門(前編)「乳首をいじられないとイケない」
第68回 朝霧浄(後編)「男を狂わせる菩薩にエロが潜む」
第67回 朝霧浄(前編)「入社3ヶ月で監督デビューを直訴」
第66回 南☆波王(後編)「カラミじゃなくてSEXを撮りたい」
第65回 南☆波王(前編)「金髪とタンクトップ姿の履歴書」
第64回 イタカ・スミスリンパウダー(後編)「坂道を流れるお漏らしの魅力」
第63回 イタカ・スミスリンパウダー(前編)「撮影現場で毛ジラミが発覚」
第62回 川崎軍二(後編)「息子と妻と一緒にロケハンへ」
第61回 川崎軍二(前編)「カラオケ映像で監督デビュー」
第60回 濱竜二(後編)「女子●生は中年男を浄化する」
第59回 濱竜二(前編)「絶望の先に希望を見つけたい
第58回 青髭大悟(後編)「初脱ぎでの恥じらいを追求」
第57回 青髭大悟(前編)「安定した生活が急に嫌になった」
第56回 白虎(後編)「顔がマ●コに埋まるレズクンニ」
第55回 白虎(前編)「昔はレズが苦手なザーメンマニア」
第54回 海山輝一(後編)「僕はアソコのアップがないとダメ」
第53回 海山輝一(前編)「センズリコキの現役だっただけ」
第52回 あばしり一家(後編)「人気女優を輝かせる汚しの技術」
第51回 あばしり一家(前編)「各方面で才を発揮した男が選んだ道」
第50回 ドラゴン西川(後編)「マッサージ師はしゃべりが命」
第49回 ドラゴン西川(前編)「松嶋クロスから突然の採用通知」
第48回 小坂井徹(後編)「パンチラ映像ですごくヌイてます」
第47回 小坂井徹(前編)「映研出身者は助監督に向かない」
第46回 ながえ(後編)「ヘンリー塚本の背中に親父を見た」
第45回 ながえ(前編)「少年の絶望を救った映画とAV」
第44回 タイガー小堺(後編)「自分に来る電話は一番じゃない」
第43回 タイガー小堺(前編)「パンチパーマで眉毛なしのAD」
第42回 黒田悠斗(後編)「レジェンドに導かれた監督業」
第41回 黒田悠斗(前編)「中高で女子と喋ったのは4回のみ」
第40回 麒麟(後編)「正座して僕を待っていた浮気嫁」
第39回 麒麟(前編)「巨匠・黒澤あららの上をいきたい」
第38回 嵐山みちる(後編)「女性のコンプレックスに興奮する」
第37回 嵐山みちる(前編)「初出社の前日に会社が大騒ぎ」
第36回 K*WEST(後編)「パンチラは綿パンに限る」
第35回 K*WEST(前編)「野良猫が肉に見えた貧乏時代」
第34回 紋℃(前編)「エロい女優の現場で密かに勃起」
第33回 紋℃(前編)「"AV監督"の響きに惹かれた」
第32回 沢庵(後編)「1割はやりたいことをやっちゃう」
第31回 沢庵(前編)「チ●コに靴下をかぶせてプレゼン」
第30回 バクシーシ山下(後編)「イケない嫌なSEXもSEXのうち」
第29回 バクシーシ山下(前編)「若き日のSEXトライアスロン」
第28回 梁井一(後編)「異物挿入自慰にふけった中学時代」
第27回 梁井一(前編)「後ろ指をさされる仕事に惹かれた」
第26回 真咲南朋(後編)「MとMが互いに苦しめ合うSEX」
第25回 真咲南朋(前編)「ハメ撮られ好きの女子大生でした」
第24回 溜池ゴロー(後編)「横に座ってくれた瞬間に勃起した」
第23回 溜池ゴロー(前編)「最初はイヤだった『溜池ゴロー』」
第22回 ヘイキチロウ(後編)「弟目線で女優を見るのが性に合う」
第21回 ヘイキチロウ(前編)「美少女単体のベタな演出を大切に」
第20回 野本義明(後編)「1人の女の子をじっくり追いたい」
第19回 野本義明(前編)「食品売場の熟女が大好きすぎて」
第18回 雪村春樹(後編)「羞恥の縄は緩くかけるべし」
第17回 雪村春樹(前編)「緊縛モデルを地元で口説いてた」
第16回 ペヤングマキ(後編)「男の人にエロいと思われたい」
第15回 ペヤングマキ(前編)「むっつりスケベだったんです」
第14回 伊勢鱗太朗(後編)「シナリオ教室の教えの逆をいく」
第13回 伊勢鱗太朗(前編)「ブルーフィルムで処女AV」
第12回 タートル今田(後編)「『カン松のニセモノ』はつらかった」
第11回 タートル今田(前編)「大人の女に甘えるほうが好きなんです」
第10回 坂本優二(後編)「お掃除フェラを頼まれた」
第9回 坂本優二(前編)「ビニ本のポエムをAVに応用」
第8回 豊田薫(後編)「一期一会の撮影が楽しい」
第7回 豊田薫(前編)「25歳、夕刊紙の三行広告で就職」
第6回 ヘンリー塚本(後編)「ベロならボカシ不要のSEXが撮れる」
第5回 ヘンリー塚本(前編)「ファミリービデオで脱サラを決意」
第4回 TOHJIRO(後編)「心のシャッターに指1本ぶんの隙間を」
第3回 TOHJIRO(前編)「森下くるみに本物の『うぶ』を見た」
第2回 カンパニー松尾(後編)「チ●コとテロップで二度ハメる」
第1回 カンパニー松尾(前編)「ハメ撮りの帝王は素●童貞だった」
TOPに戻る
このページのトップへ
© SKY Perfect JSAT Corporation.