スカパー!アダルト
アダルト番組の視聴はここをチェック

連載コラム

天才鬼才インタビュー
カントクたちがAVを撮る理由

第46回 ながえ(後編)
「ヘンリー塚本の背中に親父を見た」

前編はこちら→「少年の絶望を救った映画とAV」

監督

ヘンリー塚本から多くを学び、常にその背中を追い続けた、ながえ監督。FAプロでの仕事は楽しかったが、まだ20代の青年には、中高年ユーザーのハートが見えていなかった。

──ぶち当たった壁というのは、FAプロ作品のお客さんである中高年の気持ちがわからないということでしょうか?

「かわいさとみしか見てない26歳の若者が、中高年に向けて何を描けるの? っていうことですよ」

──人生経験もないわけですからね。

「ヘンリー塚本は誰の下にもつかず、独学でやってきた人です。でもその独学の観察力が半端ない。僕が映画の学校でも学んでいない細かいところまでこの人は勉強してるんだなって気づいたとき、そこで尊敬の念をいだきました。胸をえぐられるような厳しいこともいわれて、頭にきたことは何度もあったけど、なぜか耐えられました。おそらく無意識のなかで自分が母子家庭で育ったということもあって、僕はヘンリー塚本に親父(おやじ)の姿を見ていたんだと思います」

──その親父の背中を追いながら学んでいったと。

「中高年の好きなAVを若造が知るわけがないから、どうやって戦うかといったら真似するしかない。自分のエゴなんて通用しないから。何の根拠もないけど、ヘンリーさんがこうやっていたから俺もこうやろうっていう撮影が続いていったんです」

──口で教わったことは?

「できあがった作品を批判するのみです。それよりも現場で教えられることが多かったです。撮るたびに『あの人がいいたかったことはこういうことだったのか……』と批判されたことの意味を解釈していった。単に腹が立って反発するのではなく、『なぜあんなことをあの人はいったのか?』と僕はいつも考えていました。FAに入って監督をやりたがる人は過去にもいたようですけど、僕みたいにしつこく追いかけてくる人間はいませんでしたから、おそらくヘンリーさんも教えていて嬉しかったんじゃないかと思うんです」

──共同監督作品もありましたね。

「『ながえ、今度俺、時代劇やりたいからお前も半分撮れよ』みたいな感じで、オムニバスの合作をやったときも喜んでましたからね。『これは俺とお前で撮ったんだよな』って感じで。なんだろ、ヘンリーさんは孤独だったのかなと思うんですよね」

──自主映画とAVが、ながえ監督の中で占める位置は変わらないですか?

「ヘンリー塚本を尊敬して憧れてはいたけど、どこかにまだAVに身を捧げきれない自分もいて、自分が本当に作りたいのは自主映画だと思っていました。でも、自主映画の仲間もバラバラになっていって、作りたいものを作れずダラダラと時間が過ぎていくなかで、もうAVに本腰を入れて頑張ってみようと思ったんです」

──でも、AVやってお金が貯まったら自主映画を撮ろう、というスタンスは今もこの先も変わらないわけですよね?

「変わらないですね。要は、ヘンリーさんはAVひとつで稼いで自分の王国を築いたから、自分も王国を築いたら好きなもの撮れるんじゃないかとは今でも思っています。そしてそれが可能になりつつあります」

──それで2006年に独立するわけですが、我々AVライターは『ビデオ・ザ・ワールド』誌で、FA時代の後半にジョージ長井から名前を改めたながえ監督作品と出会って感動したんですよ。

「『ビデオ・ザ・ワールド』には何度も監督賞、作品賞をいただきましたねぇ」

──で、最初に衝撃を受けたのが2002年の『禁じられた愛欲 かけおち』(FAプロ)。幸野賀一さん主演のね。

「そうそう。これは僕も好きな作品ですね。一番最初にヘンリーさんに見せたとき、『お前これよかったぞ』って感動してくれたんです。世間に評価してもらえるのは嬉しいんですけど、その前にヘンリーさんにチェックしてもらい、そこで彼に『お前よかったぞー』って褒められるときが一番嬉しかったですね。この人がバロメーターだから」

──で、この『〜かけおち』の4年後、SIDE-B、イコールながえSTYLEを設立されるわけですね。

「そうですね。問屋の営業マンと2人で始めたんです」

──何でSIDE-B名義に?

「その問屋が持っていたSIDE-Bというメーカーがあって、それをもらったんです。でもイメージを一新するためにながえSTYLEのレーベル名を前面に出しました」

──当時、リリース本数は?

「月3本でした」

──当初はどういう路線で商売をと考えたんですか?

「自分がFAで培ってきたものをそのままやるということだけです。FA時代に撮っていた『やりたい放題』シリーズなど、ヘンリー塚本がやらなかった面白い企画がありましたから、それらをもっと出していこうとも思っていました」

──『やりたい放題』シリーズはいろいろなシチュエーションが登場しますが、『将軍様』(ある日、冴えない男の前に謎の帽子が現れ、それをかぶったら周りが全員「将軍様!」とひれ伏してヤリたい放題)ネタなど、どれも面白い!

「あと、いきなり時間が止まるやつとかね」

──うだつの上がらないサラリーマンが、急に周りの時間が止まって女体にいたずらし放題になる。

「時間よ止まれネタは、他社でもやっていますけど、僕が先駆者なんですよ」

──そういえばそうですね。

「FA時代からやってましたからね。あと『やりたい放題』シリーズで僕が気に入ってるネタは、自分がこの世界の人々すべてから無視されるやつ」

──だから周りの女とハメ放題。あと、透明人間物もFA時代からやってますよね。あれを初めて見たときはびっくりしました。

「あれは透明人間じゃなくて全身が半透明のバイブなんですよ。つまりバイブ人間(笑)。あの当時、正攻法ではヘンリー塚本には勝てないと思ったので変化球をバンバン投げていました。たまたまCGをかじっていたこともあってあのバイブ人間が完成したんです。あの作品も『ビデオ・ザ・ワールド』で受賞することができて、業界初のCG映像として衝撃を与えられたんじゃないでしょうか。ただ、ユーザーのためになったかどうかはわかりませんが(笑)」

──シリーズ物でない作品だと2006年の『私を好きにしてください… 純情メイド物語』(ながえSTYLE)がすごい名作です。

「捨てられたラブドールには魂があったという話ですね」

──ユーザーは、メイドと中年男がSEXする日々のAVだと思って見ていたら、最後のオチで、AV女優が演じていたメイドは実はラブドールで、すべて男の妄想だったという。どういうところからあんなアイデアが?

「何となく生まれた話ですね。まずメイド物をやりたいなと思ったんです。メイドカフェが盛り上がっていた時代で、メイド物のAVが多かったんですよ。とはいえ、ただのメイドではつまんないなと思ったんで、この話が浮かんだんです」

──この10年間で、ながえSTYLEの作品はどう変わってきていますか。

「昔は思いついたものを撮って適当なタイトルをつけて出していたんですが、今は全然違いますね。どんな性癖の人にマッチするかっていうところから話を作るという感じです。どの性癖の人が見たい作品なのかという。そこを突き詰めさらに研ぎ澄ませていく。むかしはいろんなジャンルに挑戦してきましたが、これからは人妻の性を中心に描いていくものになります」

──DVDの背表紙に、たとえば今月スカパー!アダルトで放送中の『愛してるあなたへ。本当は… 〜お隣の旦那さんに慰めてもらってるの〜 成宮いろは』(ながえSTYLE)の場合、タイトルの上に『背徳』『不倫』とジャンルが併記されている。こういうのはいつからですか?

「最近です。人の性癖って細かいじゃないですか。『寝取り・寝取られ』とひとことでいっても、旦那が浮気されるものと、旦那さんが趣味で奥さんを他人に抱かせるというのではユーザーの嗜好が明らかに違います」

──お客さんがわかりやすいようにとの配慮なんですね。お客さんの声を作品に反映させるようにもなってきたんですか?

「これは迎合という意味ではなく進化です。むかしのながえSTYLEはユーザーに対して不親切でした。良い物をもっと広めていくためにはそういった配慮は必要不可欠です。僕はそれをこの10年間で学びました。今はながえSTYLEの販売サイトからメールフォームにいけるし、発行しているメールマガジンからもすごい数のアンケートをいただいています」

──具体的にどういう意見がありましたか?

「最近でいうと、老人物を求めていらっしゃる方からとても熱い意見をいただいています」

──どこのメーカーも老人物は多いですね。

「性欲はあるけど勃ちはよくないというのが老人だろうと思い込んで、そう描いてたんですけど、ユーザーのニーズとは違ったんです。介護みたいなものは見たくない、出てくるのはたとえ老人でも40、50代ぐらいのチ●ポビンビンの男として描いてほしいというんですよ」

──なるほど。

「普通のギラギラした男と変わらない恋愛、不倫、寝取り、そういう物を作ってほしい。老人のリアルなんて見たくない、ファンタジーにしてくれという声を受けて生まれた企画が『もう老人しか愛せない』シリーズ(富丈太郎監督)なんです」

──そういう経緯があったんですね。監督が性的に興奮するシチュエーションとは?

「僕の場合は不謹慎な状況ほど興奮しますね」

──葬式の席でハメ撮り放題とか。

「実際の葬式ではそんな気分にはならないのですが、これが視聴者として、または覗く側として第三者側に立つと興奮して見ることができるんです。こんな真面目な状況でハメを外すことになったら……というふうに。ネガティブな思考は性欲と表裏一体なんだと僕は思います。あとは不甲斐ない中年男が見るエッチな夢は、同類の僕も共感しています」

──そうか、不甲斐ない中年男の僕がながえワールドにハマるのも無理はないわけですか。FAでの修行から始まって、現在、ヌケるカラミを撮るためにこだわっている部分は?

「顔ですね。顔がすべてですよ。心の底から気持ちのいいときの崩れた顔がいいんです。それは男が本能的に興奮させられる顔です。たまにSEXに興味のない女優と仕事をしてしまうときがあるんですが、SEXをすると『しかめっ面』みたいになってしまうんですね。普段は綺麗な人なのにSEXをするとしかめっ面のブサイクに変わる。そんながっかりした経験ありませんか? 僕からいわせれば、それは相手の男性と心を通わせていない身勝手な顔に見えて仕方がない。だから演出で表情を作り変えます。『眉間をハの字にして、力を抜いたような緩んだ顔をつくってみて』というふうに。それをするだけでエロチシズムを感じるいい女に変化します。経験豊かな中高年男性はそういう女の表情を見ながらSEXがしたいんです」

──なるほど。そういったエロく見せるという点では、女優のスキルは近年ずいぶん上がってきてますよね?

「今の女優さんは昔と違って表現力が豊か。普通に演技できちゃう。SNSで自撮りしてアップするのが当たり前になったことなどもスキルアップの一因でしょうね。昔の女優さんはセリフ棒読みだし、やらされてる感がありありだった。それを自然に見せるようにFAプロは細かい演出をしています。だから、今ドラマ物を撮っている監督は楽だと思います。女優さんが表現してくれるから、カメラ長回しでほとんど撮れちゃうでしょ。逆にいうと、それに頼りすぎちゃってつまらない演出になってるというのもある。まあそこはこだわりの強さになってくると思いますが、たかがAVでも僕は大変な道を選びます」

──あらためて、ヘンリー塚本作品やながえ作品では、同じ女優でも他社作品では見せない顔を晒すので毎回ドキッとさせられます。

「今は女優さんのスキルが高いから、好きに演じさせて、みんな『いいねー』っていう傾向があるじゃないですか。その『いいねー』は、覚えたセリフを全部いってくれるなんてキミは出来るねありがとうねみたいな感じだけど、僕はそうじゃない。ごっこでやるならAVにドラマは必要ないと思っています」

──うん、そういうことでしょうね。

「演技が上手といわれている女優さんに僕がダメ出しすると『なんで?』みたいな顔をする。『よそではこれでオッケーもらってたのになんで?』みたいな。だから、僕的には演技は下手でも素直な女優さんのほうが作りやすいです」

──うーん、ますます納得です。

「私は演技に自信ないから、私を連れてってくださいっていう女優さんのほうが、いいものができますね。そういう素直な女性は異性に対しても素直だし、SEXをしてもいい表情をする。内面が女を美しくするとはよくいったものです」 ──ながえ作品のヒロインが魅力的なわけがすごくわかりました。では最後に、ながえSTYLEというか、ながえ監督作品は今後どう変わっていくのでしょう。

「今後は人妻の性を深く追求していくメーカーになっていくと思います。あと最後に、いいたいことがあります。僕はインタビューの冒頭で、仕事とは『やりたくないことを我慢してするもの』という意味合いでいいました。家も貧しかったですし、たった一人の母親を養うために自分が犠牲にならないといけないと思い込んでいました。ですが今はこうして好きな仕事ができて母も自分の家族も養うことができています。もしこれを読んでくれた方で私と同じ悩みをお持ちの方がいらっしゃるのなら、人のために犠牲になるという考えは捨て、自分が一番やりたい仕事に就くことをお勧めします。そこに本気と覚悟があれば僕もそうだったように必ず人は救えます。才能があろうとなかろうと自信があろうとなかろうと関係ありません。好きなことに『しがみついて』ください。ありがとうございました!」

──どうも、ありがとうございました!


Profile
ながえ

1969年愛知県生まれ。母子家庭に育つ閉塞感を映画鑑賞で慰める思春期を送る。高2の秋に手に入れた8ミリカメラで映画製作の喜びに触れ、高3で一念発起し映画界を目指す。1987年に日活芸術学院入学。1995年にFAプロ入社。同年に監督デビューし、以後ヘンリー塚本監督に師事。2006年に独立し、AVメーカー「SIDE-B」を設立。凝った設定やストーリー展開のドラマ作品にファンが多い。


文・沢木毅彦
さわき・たけひこ 1961年生まれ。フリーライター。AV草創期よりAV専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。月刊誌、週刊誌、WEBで細々と執筆中。香港映画と香港街歩きマニア。ビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)が最好。
twitter:@berugiisan


放送情報
今月のながえ監督作品はこちら


スカパー!アダルト番組検索


Back number
第102回 代々木忠(後編)「さらけ出してくれてありがとう」
第101回 代々木忠(前編)「愛染恭子との偶然の出会い」
第100回 芳賀栄太郎(後編)「熟女AVは朝イチがキモ」
第99回 芳賀栄太郎(前編)生保に入って外交員をキャスティング」
第98回 安達かおる(後編)「絶対に疑似は使わない」
第97回 安達かおる(前編)「人が目を背けるものを撮りたい」
第96回 ボトムズ(後編)「SWITCHの頭に込めた大きな秘密」
第95回 ボトムズ(前編)「ブルマ作品の複雑なルール」
第94回 赤羽菊次郎(後編)「ヘンリー塚本の台本なら撮ってもいい」
第93回 赤羽菊次郎(前編)「葬儀屋さんにちなんであの巨匠が命名」
第92回 YUMEJI(後編)「おじさんたちに夢の国を見せたい」
第91回 YUMEJI(前編)「オーナーからの鶴のひと声で始めた監督業」
第90回 薄刃紫翠(後編)「四つんばいのヒザを巡る対立」
第89回 薄刃紫翠(前編)「メス犬調教がライフワーク」
第88回 九十九究太(後編)「タカラ映像だからこそできる表現」
第87回 九十九究太(前編)「ドグマの名物監督たちの下で」
第86回 西中島南方(後編)「デビュー女優の複雑な初SEX」
第85回 西中島南方(前編)「SODとV&Rが人生の分かれ道」
第84回 貞邪我(後編)「ドラマを支えるオリジナルBGM」
第83回 貞邪我(前編)「武道館ライブの後に残った大借金」
第82回 春童(後編)「川上ゆうのSッ気に戦慄した瞬間」
第81回 春童(前編)「悪友と回し読んだエロ本に父の名が」
第80回 馨(後編)「専属単体女優の縛りを超えた撮り方」
第79回 馨(前編)「いつか辞めるはずだったのに」
第78回 なぎら健造(後編)「言葉よりも女心を雄弁に語るもの」
第77回 なぎら健造(前編)「女性が共感できるレ●プドラマ」
第76回 DUKE(後編)「あの子はどんなSEXするのかな?」
第75回 DUKE(前編)「長続きしたのは桃太郎の仕事だけ」
第74回 デラ3(後編)「SEXを仕事にできる人にリスペクト」
第73回 デラ3(前編)「脱がせたら競泳水着の意味がない」
第72回 菅原養史(後編)「人妻の浮気SEXのリアルを実地調査」
第71回 菅原養史(前編)「高橋がなりを唸らせた『古臭さ』」
第70回 五右衛門(後編)「アロマ企画とFAプロに学んだ」
第69回 五右衛門(前編)「乳首をいじられないとイケない」
第68回 朝霧浄(後編)「男を狂わせる菩薩にエロが潜む」
第67回 朝霧浄(前編)「入社3ヶ月で監督デビューを直訴」
第66回 南☆波王(後編)「カラミじゃなくてSEXを撮りたい」
第65回 南☆波王(前編)「金髪とタンクトップ姿の履歴書」
第64回 イタカ・スミスリンパウダー(後編)「坂道を流れるお漏らしの魅力」
第63回 イタカ・スミスリンパウダー(前編)「撮影現場で毛ジラミが発覚」
第62回 川崎軍二(後編)「息子と妻と一緒にロケハンへ」
第61回 川崎軍二(前編)「カラオケ映像で監督デビュー」
第60回 濱竜二(後編)「女子●生は中年男を浄化する」
第59回 濱竜二(前編)「絶望の先に希望を見つけたい
第58回 青髭大悟(後編)「初脱ぎでの恥じらいを追求」
第57回 青髭大悟(前編)「安定した生活が急に嫌になった」
第56回 白虎(後編)「顔がマ●コに埋まるレズクンニ」
第55回 白虎(前編)「昔はレズが苦手なザーメンマニア」
第54回 海山輝一(後編)「僕はアソコのアップがないとダメ」
第53回 海山輝一(前編)「センズリコキの現役だっただけ」
第52回 あばしり一家(後編)「人気女優を輝かせる汚しの技術」
第51回 あばしり一家(前編)「各方面で才を発揮した男が選んだ道」
第50回 ドラゴン西川(後編)「マッサージ師はしゃべりが命」
第49回 ドラゴン西川(前編)「松嶋クロスから突然の採用通知」
第48回 小坂井徹(後編)「パンチラ映像ですごくヌイてます」
第47回 小坂井徹(前編)「映研出身者は助監督に向かない」
第46回 ながえ(後編)「ヘンリー塚本の背中に親父を見た」
第45回 ながえ(前編)「少年の絶望を救った映画とAV」
第44回 タイガー小堺(後編)「自分に来る電話は一番じゃない」
第43回 タイガー小堺(前編)「パンチパーマで眉毛なしのAD」
第42回 黒田悠斗(後編)「レジェンドに導かれた監督業」
第41回 黒田悠斗(前編)「中高で女子と喋ったのは4回のみ」
第40回 麒麟(後編)「正座して僕を待っていた浮気嫁」
第39回 麒麟(前編)「巨匠・黒澤あららの上をいきたい」
第38回 嵐山みちる(後編)「女性のコンプレックスに興奮する」
第37回 嵐山みちる(前編)「初出社の前日に会社が大騒ぎ」
第36回 K*WEST(後編)「パンチラは綿パンに限る」
第35回 K*WEST(前編)「野良猫が肉に見えた貧乏時代」
第34回 紋℃(前編)「エロい女優の現場で密かに勃起」
第33回 紋℃(前編)「"AV監督"の響きに惹かれた」
第32回 沢庵(後編)「1割はやりたいことをやっちゃう」
第31回 沢庵(前編)「チ●コに靴下をかぶせてプレゼン」
第30回 バクシーシ山下(後編)「イケない嫌なSEXもSEXのうち」
第29回 バクシーシ山下(前編)「若き日のSEXトライアスロン」
第28回 梁井一(後編)「異物挿入自慰にふけった中学時代」
第27回 梁井一(前編)「後ろ指をさされる仕事に惹かれた」
第26回 真咲南朋(後編)「MとMが互いに苦しめ合うSEX」
第25回 真咲南朋(前編)「ハメ撮られ好きの女子大生でした」
第24回 溜池ゴロー(後編)「横に座ってくれた瞬間に勃起した」
第23回 溜池ゴロー(前編)「最初はイヤだった『溜池ゴロー』」
第22回 ヘイキチロウ(後編)「弟目線で女優を見るのが性に合う」
第21回 ヘイキチロウ(前編)「美少女単体のベタな演出を大切に」
第20回 野本義明(後編)「1人の女の子をじっくり追いたい」
第19回 野本義明(前編)「食品売場の熟女が大好きすぎて」
第18回 雪村春樹(後編)「羞恥の縄は緩くかけるべし」
第17回 雪村春樹(前編)「緊縛モデルを地元で口説いてた」
第16回 ペヤングマキ(後編)「男の人にエロいと思われたい」
第15回 ペヤングマキ(前編)「むっつりスケベだったんです」
第14回 伊勢鱗太朗(後編)「シナリオ教室の教えの逆をいく」
第13回 伊勢鱗太朗(前編)「ブルーフィルムで処女AV」
第12回 タートル今田(後編)「『カン松のニセモノ』はつらかった」
第11回 タートル今田(前編)「大人の女に甘えるほうが好きなんです」
第10回 坂本優二(後編)「お掃除フェラを頼まれた」
第9回 坂本優二(前編)「ビニ本のポエムをAVに応用」
第8回 豊田薫(後編)「一期一会の撮影が楽しい」
第7回 豊田薫(前編)「25歳、夕刊紙の三行広告で就職」
第6回 ヘンリー塚本(後編)「ベロならボカシ不要のSEXが撮れる」
第5回 ヘンリー塚本(前編)「ファミリービデオで脱サラを決意」
第4回 TOHJIRO(後編)「心のシャッターに指1本ぶんの隙間を」
第3回 TOHJIRO(前編)「森下くるみに本物の『うぶ』を見た」
第2回 カンパニー松尾(後編)「チ●コとテロップで二度ハメる」
第1回 カンパニー松尾(前編)「ハメ撮りの帝王は素●童貞だった」
TOPに戻る
このページのトップへ
© SKY Perfect JSAT Corporation.