スカパー!アダルト
アダルト番組の視聴はここをチェック

連載コラム

天才鬼才インタビュー
カントクたちがAVを撮る理由

第44回 タイガー小堺(後編)
「自分に来る電話は一番じゃない」

前編はこちら→「パンチパーマで眉毛なしのAD」

監督

つまらない日常を破ろうと飛び込んだ先は、業界ナンバーワンの厳しさで知られるAV制作会社。そこで必死に働き続けていた青年に、2008年とうとう神様がチャンスを与えてくれた。

──最終的にAV監督になれたわけは?

「インジャン古河さんの制作会社のほうにいくことになったんです。で、ここで監督にならないと一生ADで終わるなと思って、一生懸命企画を出していたときに、ムーディーズのプロデューサーの人と出会って、たまたま『世界で一番大きなチ●ポを持つ男のSEX』(ROOKIE) シリーズを任されたんです。若い人と仕事したいということで、僕にチャンスをくれたんです。2008年くらいのことでした」

──それが監督第1作?

「その前に監督した作品はあるんですけど、後のステップになったのはムーディーズのその作品なんです。この機会を逃すともう無理だと思って、めちゃくちゃ頑張って撮ったら、いい評価をもらえて、仕事がちょろちょろ入ってくるようになったんです。AD時代の僕が遭った数々の仕打ちを(笑)、僕が憶えてないことまでいろんなプロデューサーの人が憶えてくれていて、『タイガーが監督になったんなら、いろいろ苦労してたの知ってるからウチで撮るか?』ってすごくいってもらえた。そのとき僕26歳くらいなんですけど、女優のなかにも松嶋さんにシゴかれてる僕を見てる人がたくさんいて、会うと『タイガー、監督になったの? 耐えてよかったじゃん』とかいわれて(笑)」

──いい話ですねぇ。

「カメラマンとかスタッフもそういう感じで、最初に電話すると『タイガーだったらいくよ』っていってくれて。すごく協力してくれたんですよ」 ──ファンとして長くAVを見てきて、監督にもなった。ご自身の性癖というのはどのように育まれたんでしょう?

麒麟さんはゴックンが好きだし、沢庵さんは凌辱という、みんな看板があるから羨ましいと思ってるんです。僕、h.m.pで痴女を撮ってるんですけど、めちゃくちゃ痴女が好きかというと、K*WESTさんほどじゃない。つまり、エロいことは好きだけど、コレっていう枠はないんですよ」

──そういう監督がいて普通だと思います。じゃあ巨乳が好き、お尻が好き、そういう部分でいうと?

「僕、尻物もパイズリ物も撮ってるし、単体物も企画物も撮ってますけど、特にここっていうのはないんですよ。何か1個、『タイガー小堺はこれがメインだ』といえる物がほしいんですよね」

──おかずとして抜いていたのはどんなAVだったんですか?

「基本的には痴女物が多いです。男が寝てるビデオが好きなので」

──風俗の客状態で攻めや奉仕をしてもらえるやつですね。

「優しいAV女優が出ているのが好きですね。中学時代から、AV女優なら俺にもヤらせてくれるかなと思って見てたんで」

──そう思わせるファンタジーを、今は撮る側に回って提供してくれている、じつにいい監督ですよタイガー小堺は。

「でも、やっぱり得意ジャンルがないのが悩みなんです。沢庵さんだといろんなメーカーから『脅●スイートルーム』みたいなのをウチでも撮ってください、麒麟さんもいろんなメーカーからごっくん物を撮ってくださいってオファーが来るじゃないですか。そういうコンスタントな仕事の入り方というのはなくて、毎月不安定なんですよ、ずっと。シリーズ物もほとんどないんで」

──でも、作品数をこなしてる。その秘密はどこにあるんですかね。

「基本、断らないんです。絶対受けるんです。どれだけ(報酬が)安くても、撮影日がかぶらない限りは、どれだけ忙しくても絶対受けるようにする。あと最近、量から生まれる質というものが絶対あると思ってるんですよ」

──B級映画の世界と同じですね。量が質なんだと。

「とにかくいっぱい撮らなくちゃと思ってます。月に1本だけ好きなものを撮るというのも理想ですけど、AV監督はどんどん撮り続けないといけないと思ってるんで。撮り続けてると、たまに奇跡みたいな現場があるんで」

──神が降りてくるような瞬間と出会えるんですね。特に何か作品名を挙げると?

「上原亜衣の一番最初の100人中●し作品『100人×中●し 上原亜衣』(本中)の現場は奇跡の連続という感じでした。あれが一番ですね」

──2014年のですね。あのパッケージ写真のインパクト。亜衣ちゃんがゾンビに襲われて逃げているみたいな。あれが引退作のパケにもそっくりリンクしたわけですもんね。

「あの写真を選んだプロデューサーがすごいんですけどね。あれ現スチ(現場のスチール写真)ですからね」

──そうだったんですか?

「パッケージは別にキチッと撮ってたんですよ。ファンに囲まれてる可愛いやつを」

──あれがヒットしてタイガー小堺監督の名前もさらに広まった格好ですよね?

「そうです。あの年、実は各メーカーから仕事的には干されてたんですよ僕。本数をやりすぎたせいで編集が粗くなっちゃって、そういうのはやはりメーカーサイドもすぐ感じますよね」

──月最高何本?

「15本くらいですね。忙しさで考える余裕もなくなってて、鬱病みたいになっちゃって、ヤバかったんですよ」

──まともにこなせもしないのに何で仕事を受けちゃうんだろう……という自己矛盾などもあって?

「そうですね。マジで台本全然書けなくなってコピペとかしてたんてすよ」

──過去に撮ったものを。

「はい。だから、あの年はちゃんとやらなくちゃダメだって考え直した年でもあるんです」

──その後、女性不信の解消は?

「されてないですよ」

──東京に来てからの恋愛は?

「10代のヒモだった頃から、つき合う相手はヤバい女ばっかりなんですよ。電話に出ないと200回とか電話してくる奴ばっかり」

──着信履歴に200件?

「そうです。東京に出てきて監督になり始めた頃、26くらいから2年つき合ったコが一番ヤバくて、いきなり家にいたりするんですよ。現場が終わるまで家の前で待ってたりとか。結局そのコと一緒に住むんですけど、住み始めたときは毎日、今日は何の現場か報告しないといけない。『今日ハメ撮りするの?』まで聞かれて。年は3つ下で顔はめちゃめちゃ可愛かったんですけどね」

──監督に女性をそうさせてしまう何かがあるんですかね?

「引き寄せてるっていわれるんですけど。ずっとそういうケースばかりだから」

──まず、日常どういう女性に惹かれがちなんですか?

「結局そういうイタい女に惹かれがちなんですよ。たとえば現場でも、ワガママで評判悪い女優を好きになっちゃうんです(笑)。イタい奴のほうが嘘はなさそうじゃないですか。そうやって、ちょっとブッ壊れてるようなコに惹かれてしまう。僕、AV女優の素顔に迫ろうとかは興味がないんです。自分をきっちり作って演じてる、仕上がっている女優が好きなんです。AV女優ってプロレスラーだと思ってるんですよ」

──なるほど。

「AV女優はツイッターに『オナニーした』ってのはよく書くんですけど、エロさとか淫乱を売りにしてるなら嘘でもいいから『男とセックスした』って書けよと思うんですよ。こっちのほうが夢があると思うんですよね」

──業界内で、どういう立ち位置にいる監督だと自覚されてるんですか?

「たまに感じるのは、僕に仕事が来るとき、一番に電話かけてきてないだろうなって」

──第一候補の監督に忙しいって断られて、それでタイガー小堺監督に電話してきた。

「僕はたぶん3番目か4番目かなと思ってるんです。で、そういうときに、結果的に一番うまく撮る監督がカッコいいなと思うんですよね」

──第一候補の誰々よりこっちのほうがいいじゃん、ていうね。

「テイストは違うけどよかったなとか。あと、永遠の若手みたいな監督でいたいです。僕、AV監督になってなかったらAV女優としゃべれないし、僕みたいな奴と女の子はしゃべってくれないと思ってるんですよ。精神的には落ちこぼれた中学生の頃と変わってませんね」

── 一度こういう作品を撮ってみたいというのはありますか?

「何ですかねぇ、V&Rがやっぱり好きだったんで、AV監督はヌケないっていわれるAVを撮り続けないといけないっていう義務があると思ってるんですよ。上原亜衣の『100人中●し』にしても僕が出した企画で、あれはたまたま売れたんですけど、元ネタは高槻(彰監督)さんの『妄想犯』(ムーディーズ)なんですね。あれがすごく好きで」

──あーなるほど。ファンの男たちがAV女優を追い回すというね。

「AVって、バカな大人が真剣に考えてこんなことやってるんですよっていう姿を見せないといけないと思ってるんで、そういうのを1年に1回は撮りたいですね。すごくヌケるAVは僕じゃなくても優秀な監督たちがいっぱいいる。でも、こっち寄りの企画物を撮れる人は少なくなってると思うんです。V&Rの遺伝子も薄れてきた業界なので」

──あと、来た仕事は断らないというのは変わらないんですね。

「ですね。上原亜衣ちゃんが引退したんで、ごはん食えなくなるかもって今思ってるんですけどね(笑)」

──上原亜衣ちゃんの座付監督状態だったから、彼女の引退は痛いですねぇ(笑)。

「その前は琥珀うたの座付監督だったんです。僕、けっこうエポックメイキング的な女優さんに助けられてるんです」

──人には恵まれていますよね?

「ほんと、人との出会いには恵まれています。いまだにスタッフも女優さんも、僕だからいいですよっていってくださることがあるんですよ。助監督によくいわれるのは、スタッフも女優もみんな『自分がいなければタイガー組は成立しない』って思っている人が来てくれているって。僕が現場で一番ポンコツなんで、亜衣ちゃんも、私がいなきゃ作品は成立しないって思ってつき合ってくれてたと思うんですよね」

──やっぱり、ヒモの才能はあるということなんですよ。羨ましすぎます! というわけで監督、楽しい話をありがとうございました!


Profile
タイガー小堺(たいがーこさかい)
1982年兵庫県生まれ。県下有数の中高一貫進学校に入るも落ちこぼれ、AVでオナニー三昧の暗黒な思春期を過ごす。2年間の引きこもり生活を経て東京の大学に進学するも1年で休学し、2003年にAV制作会社「古松映像」に入社。業界の名物監督だった松嶋クロスに師事し、ADとして過酷な修行の日々を送る。2009年『世界で一番大きなチ●ポを持つ男のSEX』(ROOKIE) シリーズで頭角を表す。


文・沢木毅彦
さわき・たけひこ 1961年生まれ。フリーライター。AV草創期よりAV専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。月刊誌、週刊誌、WEBで細々と執筆中。香港映画と香港街歩きマニア。ビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)が最好。
twitter:@berugiisan


放送情報
今月のタイガー小堺監督作品はこちら


スカパー!アダルト番組検索


Back number
第101回 代々木忠(前編)「愛染恭子との偶然の出会い」
第100回 芳賀栄太郎(後編)「熟女AVは朝イチがキモ」
第99回 芳賀栄太郎(前編)生保に入って外交員をキャスティング」
第98回 安達かおる(後編)「絶対に疑似は使わない」
第97回 安達かおる(前編)「人が目を背けるものを撮りたい」
第96回 ボトムズ(後編)「SWITCHの頭に込めた大きな秘密」
第95回 ボトムズ(前編)「ブルマ作品の複雑なルール」
第94回 赤羽菊次郎(後編)「ヘンリー塚本の台本なら撮ってもいい」
第93回 赤羽菊次郎(前編)「葬儀屋さんにちなんであの巨匠が命名」
第92回 YUMEJI(後編)「おじさんたちに夢の国を見せたい」
第91回 YUMEJI(前編)「オーナーからの鶴のひと声で始めた監督業」
第90回 薄刃紫翠(後編)「四つんばいのヒザを巡る対立」
第89回 薄刃紫翠(前編)「メス犬調教がライフワーク」
第88回 九十九究太(後編)「タカラ映像だからこそできる表現」
第87回 九十九究太(前編)「ドグマの名物監督たちの下で」
第86回 西中島南方(後編)「デビュー女優の複雑な初SEX」
第85回 西中島南方(前編)「SODとV&Rが人生の分かれ道」
第84回 貞邪我(後編)「ドラマを支えるオリジナルBGM」
第83回 貞邪我(前編)「武道館ライブの後に残った大借金」
第82回 春童(後編)「川上ゆうのSッ気に戦慄した瞬間」
第81回 春童(前編)「悪友と回し読んだエロ本に父の名が」
第80回 馨(後編)「専属単体女優の縛りを超えた撮り方」
第79回 馨(前編)「いつか辞めるはずだったのに」
第78回 なぎら健造(後編)「言葉よりも女心を雄弁に語るもの」
第77回 なぎら健造(前編)「女性が共感できるレ●プドラマ」
第76回 DUKE(後編)「あの子はどんなSEXするのかな?」
第75回 DUKE(前編)「長続きしたのは桃太郎の仕事だけ」
第74回 デラ3(後編)「SEXを仕事にできる人にリスペクト」
第73回 デラ3(前編)「脱がせたら競泳水着の意味がない」
第72回 菅原養史(後編)「人妻の浮気SEXのリアルを実地調査」
第71回 菅原養史(前編)「高橋がなりを唸らせた『古臭さ』」
第70回 五右衛門(後編)「アロマ企画とFAプロに学んだ」
第69回 五右衛門(前編)「乳首をいじられないとイケない」
第68回 朝霧浄(後編)「男を狂わせる菩薩にエロが潜む」
第67回 朝霧浄(前編)「入社3ヶ月で監督デビューを直訴」
第66回 南☆波王(後編)「カラミじゃなくてSEXを撮りたい」
第65回 南☆波王(前編)「金髪とタンクトップ姿の履歴書」
第64回 イタカ・スミスリンパウダー(後編)「坂道を流れるお漏らしの魅力」
第63回 イタカ・スミスリンパウダー(前編)「撮影現場で毛ジラミが発覚」
第62回 川崎軍二(後編)「息子と妻と一緒にロケハンへ」
第61回 川崎軍二(前編)「カラオケ映像で監督デビュー」
第60回 濱竜二(後編)「女子●生は中年男を浄化する」
第59回 濱竜二(前編)「絶望の先に希望を見つけたい
第58回 青髭大悟(後編)「初脱ぎでの恥じらいを追求」
第57回 青髭大悟(前編)「安定した生活が急に嫌になった」
第56回 白虎(後編)「顔がマ●コに埋まるレズクンニ」
第55回 白虎(前編)「昔はレズが苦手なザーメンマニア」
第54回 海山輝一(後編)「僕はアソコのアップがないとダメ」
第53回 海山輝一(前編)「センズリコキの現役だっただけ」
第52回 あばしり一家(後編)「人気女優を輝かせる汚しの技術」
第51回 あばしり一家(前編)「各方面で才を発揮した男が選んだ道」
第50回 ドラゴン西川(後編)「マッサージ師はしゃべりが命」
第49回 ドラゴン西川(前編)「松嶋クロスから突然の採用通知」
第48回 小坂井徹(後編)「パンチラ映像ですごくヌイてます」
第47回 小坂井徹(前編)「映研出身者は助監督に向かない」
第46回 ながえ(後編)「ヘンリー塚本の背中に親父を見た」
第45回 ながえ(前編)「少年の絶望を救った映画とAV」
第44回 タイガー小堺(後編)「自分に来る電話は一番じゃない」
第43回 タイガー小堺(前編)「パンチパーマで眉毛なしのAD」
第42回 黒田悠斗(後編)「レジェンドに導かれた監督業」
第41回 黒田悠斗(前編)「中高で女子と喋ったのは4回のみ」
第40回 麒麟(後編)「正座して僕を待っていた浮気嫁」
第39回 麒麟(前編)「巨匠・黒澤あららの上をいきたい」
第38回 嵐山みちる(後編)「女性のコンプレックスに興奮する」
第37回 嵐山みちる(前編)「初出社の前日に会社が大騒ぎ」
第36回 K*WEST(後編)「パンチラは綿パンに限る」
第35回 K*WEST(前編)「野良猫が肉に見えた貧乏時代」
第34回 紋℃(前編)「エロい女優の現場で密かに勃起」
第33回 紋℃(前編)「"AV監督"の響きに惹かれた」
第32回 沢庵(後編)「1割はやりたいことをやっちゃう」
第31回 沢庵(前編)「チ●コに靴下をかぶせてプレゼン」
第30回 バクシーシ山下(後編)「イケない嫌なSEXもSEXのうち」
第29回 バクシーシ山下(前編)「若き日のSEXトライアスロン」
第28回 梁井一(後編)「異物挿入自慰にふけった中学時代」
第27回 梁井一(前編)「後ろ指をさされる仕事に惹かれた」
第26回 真咲南朋(後編)「MとMが互いに苦しめ合うSEX」
第25回 真咲南朋(前編)「ハメ撮られ好きの女子大生でした」
第24回 溜池ゴロー(後編)「横に座ってくれた瞬間に勃起した」
第23回 溜池ゴロー(前編)「最初はイヤだった『溜池ゴロー』」
第22回 ヘイキチロウ(後編)「弟目線で女優を見るのが性に合う」
第21回 ヘイキチロウ(前編)「美少女単体のベタな演出を大切に」
第20回 野本義明(後編)「1人の女の子をじっくり追いたい」
第19回 野本義明(前編)「食品売場の熟女が大好きすぎて」
第18回 雪村春樹(後編)「羞恥の縄は緩くかけるべし」
第17回 雪村春樹(前編)「緊縛モデルを地元で口説いてた」
第16回 ペヤングマキ(後編)「男の人にエロいと思われたい」
第15回 ペヤングマキ(前編)「むっつりスケベだったんです」
第14回 伊勢鱗太朗(後編)「シナリオ教室の教えの逆をいく」
第13回 伊勢鱗太朗(前編)「ブルーフィルムで処女AV」
第12回 タートル今田(後編)「『カン松のニセモノ』はつらかった」
第11回 タートル今田(前編)「大人の女に甘えるほうが好きなんです」
第10回 坂本優二(後編)「お掃除フェラを頼まれた」
第9回 坂本優二(前編)「ビニ本のポエムをAVに応用」
第8回 豊田薫(後編)「一期一会の撮影が楽しい」
第7回 豊田薫(前編)「25歳、夕刊紙の三行広告で就職」
第6回 ヘンリー塚本(後編)「ベロならボカシ不要のSEXが撮れる」
第5回 ヘンリー塚本(前編)「ファミリービデオで脱サラを決意」
第4回 TOHJIRO(後編)「心のシャッターに指1本ぶんの隙間を」
第3回 TOHJIRO(前編)「森下くるみに本物の『うぶ』を見た」
第2回 カンパニー松尾(後編)「チ●コとテロップで二度ハメる」
第1回 カンパニー松尾(前編)「ハメ撮りの帝王は素●童貞だった」
TOPに戻る
このページのトップへ
© SKY Perfect JSAT Corporation.