スカパー!アダルト
アダルト番組の視聴はここをチェック

連載コラム

天才鬼才インタビュー
カントクたちがAVを撮る理由

第29回 バクシーシ山下(前編)
「若き日のSEXトライアスロン」
監督

「スカ●ロ」や「社会派」で過激路線を邁進していた異端の巨匠・安達かおる監督率いるV&Rプランニング。1986年に設立された同社に、まずカンパニー松尾が入社し(詳しくは当バックナンバー参照)、次いで松尾の誘いでこの男が入社した。監督デビューするや、安達かおるをも凌ぐビデ倫からの「発売禁止」沙汰はしばしば。バクシーシ山下。ついに当連載に登場です!

──岡山県から上京し、大学3年のときにひょんなことから最初はAV男優として業界入りした山下監督ですが、まず、どういう志(こころざし)を抱いて東京に?

「とりあえず田舎から出たかったんです。でも最初の2年間は北海道なんですよ。休日はバイクに乗ってブラブラ。北海道の道だから1日に700から800キロは走れちゃう。一番楽しかったのは夏休みの住み込みのバイトですね。ある観光地で観光客相手の。そこで、いろいろ学びましたね」

──たとえばどんなことを?

「店長が釧路のソープランドに連れてってくれたんですよ。初めて風俗を経験したんです。22〜3 歳くらいの女性で、○○から来たっていうと態度が急変するんです。『あ、いや、僕は岡山出身で』って説明したけど、『早く挿れて済ませて帰って』みたいな態度」

──まだ差別意識が根強く残ってたんだ。

「被差別というものを初めて体験しましたね。それ以前は、見聞きはしたけど差別の当事者ではなかったですから。あのときの彼女の態度は忘れられないです」

──じゃあ、劇場版もヒットした北海道が舞台の『テレクラキャノンボール2013 賞品は神谷まゆと新山かえで』(ハマジム/カンパニー松尾監督)は、大学時代のリベンジをと?

「その意識もありましたねぇ(笑)」

──で、3年になっていよいよ東京に。

「バイトを探すんだけどあの時代、髪が長いとどこも雇ってくれなかったんです。のちに深夜番組の『イカ天』でバンドブームが来て、長髪でもオーケーになるんですよね。求人誌を見て、個室のビデオボックスとテレクラの店員募集を見つけて、ここなら長髪でもイケるだろうと思っていったら雇ってもらえて、テレクラのほうの受付に回されたんです」

──受付って退屈そうですよね。

「退屈ですけど、お客がいない余った電話が鳴ったら出なきゃいけない。誰も出ないと女の子はほかの店にかけちゃうから」

──客のふりしてアポ取って?

「アポ取るんだけど、会えたことは1回もなくて、テレクラってしょっぱいなって思いましたね。それで1日8時間のバイトのなかの1時間は、ティッシュを配るんです。あの頃まだテレクラのティッシュを配ってる店はなかったから『こんなことするんだ!?』て思ったし、みんな喜んでもらってくれるから5分か10分で配り終わっちゃうんですよ」

──場所は歌舞伎町?

「そうです。で、いつも立ってるAVのスカウトマンや、キャッチのお姉ちゃんとも顔見知りになって、つるんで飲みにいったりするようになって、ちょっと面白かったんですよね。みんな友達みたいになっちゃって」

──そんな世界があの路地であったんですね。

「週刊誌の風俗記者の人が夜中に取材を終わって、いつもテレクラに仮眠を取りにきてて、話を聞いたりするのも面白かった」

──純朴な大学生からしたら知らない世界の話ばっかりだもんね。

「高校の頃に末井昭さんの本を読んでいて、風俗業界って面白そうだなって思ってたんですよね。南伸坊さんの本も読んだし」

──80年代のエロ本黄金時代を席巻した白夜書房一派ですね。

「あのあたりの影響は受けてますね。そういう風俗記者と店の社長が季節ごとに企画を考えて、テレクラを紹介する記事を作るんです。週刊誌とスポーツ新聞が提携して。ただテレクラを紹介するだけじゃ取り上げてくれないので、夏は『テレクラ海の家』と称して、海の家をテレクラにする。本当に電話回線を引いて『これはすごいぞ!』っていう記事にして」

──『お姉ちゃん入れ食い状態!』みたいに。

「そうそう。で、冬は成人の日にひっかけて『性人の日』。性のチャンピオンを決める日だっていうベタな企画で(笑)、歌舞伎町を舞台にした『SEXトライアスロン』。一般の人も募集したけど誰も来なくて、風俗記者も『体当たり取材』ってことで参加するんだけど、それでも人が足りなくて盛り上がらないからバイトの僕たちも『お前らも出ろ』と駆り出されたんです」

──それはどういう競技?

「最初はビデオボックスに入って、何分で射精できるかという早出し競争」

──セックストライアスロンといいながら、オナニーからですか(笑)。

「そう、セックスしないんですよ(笑)。そのあとヘルスにいって、ちん力測定。勃起させて秤をブラ下げて何グラムまで持ち上がるかって。最後はテレクラの電話早取り競争。これは店員やっていたんでもうお手の物ですからね」

──結果どうなったの?

「僕が優勝しちゃったんですよ(笑)。バイトのくせに。その話を、顔見知りになったAVのスカウトマンに酒の席で話したら『じゃあAV男優やったら?』っていわれたんです。いくらもらえるか聞いたら1日3万円って」

──高額だよねぇ。

「バイトのほうは時給600円ですからね。どうやったらAV男優になれるのか聞いたら、とりあえず写真撮ってあげるから、あとはAV雑誌の後ろのほうにAVメーカー一覧が載ってるからそこに写真送ったらいいって」

──顔見知りのコネで写真撮ってくれたんだ。AV女優の宣材写真みたく。

「そうなんです。事務所にいって、白い紙がバックにある撮影スペースで撮ってもらいました。それでたまたま最初にいったのがV&Rプランニングだったんですよ。写真を見たカンパニー松尾から電話がかかってきたんです」

──いよいよ、AV伝説に名を刻む2人が出会うわけだ。

「バイクに乗って面接にいったら、松尾さんも偶然同じバイクに乗ってて、年も近い(松尾が1歳上)ことがあって、なんか話しやすくて『じゃあ呼ぶから』っていって、呼んでもらって男優デビューですね」

──カンパニー松尾はもう監督になっていた?

「なるかならないかくらいの頃ですね」

──V&Rが、社長でもある安達かおる監督のウ●コ物など過激な物を撮っている異端メーカーという知識は?

「ないです。で、そのときに松尾さんから何本か参考用にとV&Rのビデオをもらったんだけど、その中には安達さんの浣腸とかウ●コとかオシッコの作品は入ってなかった」

──学生さんにそんなのをいきなり見せたらまずいだろうと配慮したんでしょうね(笑)。

「そうそう(笑)。いきなり浣腸されたら挫けますからね。で、安達さんの『蒼怒夢の宴』シリーズだったんですけど、やっぱり最初は緊張して勃たないんですよね。安達さんは『こいつ使えねえ奴だなぁ』みたいな冷たい目で口を利いてくれないし、厳しかったですねぇ」

──山下青年の記念すべきAVデビュー作ですが、それは2本撮りで1987年リリースの『続・続・蒼奴夢の宴 狙われた学園 』と『決定版!! 蒼奴夢の宴 禁じられた遊戯 』。その後、男優生活は?

「男優生活は3ヵ月ぐらいなんですよ。いろんなメーカーに呼んでもらいました。あと制作の手伝いもやってて、カメラマンとかヘアメイクの手配とか現場で助監督みたいなこととか。そうこうしてるうちに、V&Rから『人がやめるので、ウチで働かない?』って声がかかるんです」

──いよいよ、岡山の純朴な少年がバクシーシ山下になるわけですね。ここからの活躍は後編でということで、今月スカパー!アダルトで監督の『全国熟女捜索隊 田舎に泊まろう!甲斐小泉編』が放送されるんですよ。見どころなどをひとことお願いします。

「AVに出たいと応募してきた熟女を訪ねて、男優を連れて全国を巡るシリーズです。これの主演は旦那が田舎暮らしに憧れて2人で住んだはいいが、旦那がやっぱり都会がいいって出ていって1人だけ田舎に残された人妻で、ほかのシリーズの人と毛色が違うんです。おしゃれというか、パンを焼いたり、お菓子を作ったり、紅茶を飲んだりする。で、スケベでよかったです。我慢できずに農機具を置いている物置でついついヤッてしまうところなどが見どころです」

──では皆さん、後編をお楽しみに!


Profile
バクシーシ山下(ばくしーしやました)
1967年岡山県生まれ。大学在学中、テレクラでのアルバイトをきっかけに、V&Rプラニング作品で男優デビュー。同社に入社後はガチレ●プにしか見えない衝撃的作品『女犯』で監督デビュー。世の良識派が眉をひそめる問題作を連発し、狂気のAV監督として名を馳せた。現在は主に熟女AVのフィールドで活躍中。


文・沢木毅彦
さわき・たけひこ 1961年生まれ。フリーライター。AV草創期よりAV専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。月刊誌、週刊誌、WEBで細々と執筆中。香港映画と香港街歩きマニア。ビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)が最好。
twitter:@berugiisan


放送情報
今月のバクシーシ山下監督作品はこちら


スカパー!アダルト番組検索


Back number
第101回 代々木忠(前編)「愛染恭子との偶然の出会い」
第100回 芳賀栄太郎(後編)「熟女AVは朝イチがキモ」
第99回 芳賀栄太郎(前編)生保に入って外交員をキャスティング」
第98回 安達かおる(後編)「絶対に疑似は使わない」
第97回 安達かおる(前編)「人が目を背けるものを撮りたい」
第96回 ボトムズ(後編)「SWITCHの頭に込めた大きな秘密」
第95回 ボトムズ(前編)「ブルマ作品の複雑なルール」
第94回 赤羽菊次郎(後編)「ヘンリー塚本の台本なら撮ってもいい」
第93回 赤羽菊次郎(前編)「葬儀屋さんにちなんであの巨匠が命名」
第92回 YUMEJI(後編)「おじさんたちに夢の国を見せたい」
第91回 YUMEJI(前編)「オーナーからの鶴のひと声で始めた監督業」
第90回 薄刃紫翠(後編)「四つんばいのヒザを巡る対立」
第89回 薄刃紫翠(前編)「メス犬調教がライフワーク」
第88回 九十九究太(後編)「タカラ映像だからこそできる表現」
第87回 九十九究太(前編)「ドグマの名物監督たちの下で」
第86回 西中島南方(後編)「デビュー女優の複雑な初SEX」
第85回 西中島南方(前編)「SODとV&Rが人生の分かれ道」
第84回 貞邪我(後編)「ドラマを支えるオリジナルBGM」
第83回 貞邪我(前編)「武道館ライブの後に残った大借金」
第82回 春童(後編)「川上ゆうのSッ気に戦慄した瞬間」
第81回 春童(前編)「悪友と回し読んだエロ本に父の名が」
第80回 馨(後編)「専属単体女優の縛りを超えた撮り方」
第79回 馨(前編)「いつか辞めるはずだったのに」
第78回 なぎら健造(後編)「言葉よりも女心を雄弁に語るもの」
第77回 なぎら健造(前編)「女性が共感できるレ●プドラマ」
第76回 DUKE(後編)「あの子はどんなSEXするのかな?」
第75回 DUKE(前編)「長続きしたのは桃太郎の仕事だけ」
第74回 デラ3(後編)「SEXを仕事にできる人にリスペクト」
第73回 デラ3(前編)「脱がせたら競泳水着の意味がない」
第72回 菅原養史(後編)「人妻の浮気SEXのリアルを実地調査」
第71回 菅原養史(前編)「高橋がなりを唸らせた『古臭さ』」
第70回 五右衛門(後編)「アロマ企画とFAプロに学んだ」
第69回 五右衛門(前編)「乳首をいじられないとイケない」
第68回 朝霧浄(後編)「男を狂わせる菩薩にエロが潜む」
第67回 朝霧浄(前編)「入社3ヶ月で監督デビューを直訴」
第66回 南☆波王(後編)「カラミじゃなくてSEXを撮りたい」
第65回 南☆波王(前編)「金髪とタンクトップ姿の履歴書」
第64回 イタカ・スミスリンパウダー(後編)「坂道を流れるお漏らしの魅力」
第63回 イタカ・スミスリンパウダー(前編)「撮影現場で毛ジラミが発覚」
第62回 川崎軍二(後編)「息子と妻と一緒にロケハンへ」
第61回 川崎軍二(前編)「カラオケ映像で監督デビュー」
第60回 濱竜二(後編)「女子●生は中年男を浄化する」
第59回 濱竜二(前編)「絶望の先に希望を見つけたい
第58回 青髭大悟(後編)「初脱ぎでの恥じらいを追求」
第57回 青髭大悟(前編)「安定した生活が急に嫌になった」
第56回 白虎(後編)「顔がマ●コに埋まるレズクンニ」
第55回 白虎(前編)「昔はレズが苦手なザーメンマニア」
第54回 海山輝一(後編)「僕はアソコのアップがないとダメ」
第53回 海山輝一(前編)「センズリコキの現役だっただけ」
第52回 あばしり一家(後編)「人気女優を輝かせる汚しの技術」
第51回 あばしり一家(前編)「各方面で才を発揮した男が選んだ道」
第50回 ドラゴン西川(後編)「マッサージ師はしゃべりが命」
第49回 ドラゴン西川(前編)「松嶋クロスから突然の採用通知」
第48回 小坂井徹(後編)「パンチラ映像ですごくヌイてます」
第47回 小坂井徹(前編)「映研出身者は助監督に向かない」
第46回 ながえ(後編)「ヘンリー塚本の背中に親父を見た」
第45回 ながえ(前編)「少年の絶望を救った映画とAV」
第44回 タイガー小堺(後編)「自分に来る電話は一番じゃない」
第43回 タイガー小堺(前編)「パンチパーマで眉毛なしのAD」
第42回 黒田悠斗(後編)「レジェンドに導かれた監督業」
第41回 黒田悠斗(前編)「中高で女子と喋ったのは4回のみ」
第40回 麒麟(後編)「正座して僕を待っていた浮気嫁」
第39回 麒麟(前編)「巨匠・黒澤あららの上をいきたい」
第38回 嵐山みちる(後編)「女性のコンプレックスに興奮する」
第37回 嵐山みちる(前編)「初出社の前日に会社が大騒ぎ」
第36回 K*WEST(後編)「パンチラは綿パンに限る」
第35回 K*WEST(前編)「野良猫が肉に見えた貧乏時代」
第34回 紋℃(前編)「エロい女優の現場で密かに勃起」
第33回 紋℃(前編)「"AV監督"の響きに惹かれた」
第32回 沢庵(後編)「1割はやりたいことをやっちゃう」
第31回 沢庵(前編)「チ●コに靴下をかぶせてプレゼン」
第30回 バクシーシ山下(後編)「イケない嫌なSEXもSEXのうち」
第29回 バクシーシ山下(前編)「若き日のSEXトライアスロン」
第28回 梁井一(後編)「異物挿入自慰にふけった中学時代」
第27回 梁井一(前編)「後ろ指をさされる仕事に惹かれた」
第26回 真咲南朋(後編)「MとMが互いに苦しめ合うSEX」
第25回 真咲南朋(前編)「ハメ撮られ好きの女子大生でした」
第24回 溜池ゴロー(後編)「横に座ってくれた瞬間に勃起した」
第23回 溜池ゴロー(前編)「最初はイヤだった『溜池ゴロー』」
第22回 ヘイキチロウ(後編)「弟目線で女優を見るのが性に合う」
第21回 ヘイキチロウ(前編)「美少女単体のベタな演出を大切に」
第20回 野本義明(後編)「1人の女の子をじっくり追いたい」
第19回 野本義明(前編)「食品売場の熟女が大好きすぎて」
第18回 雪村春樹(後編)「羞恥の縄は緩くかけるべし」
第17回 雪村春樹(前編)「緊縛モデルを地元で口説いてた」
第16回 ペヤングマキ(後編)「男の人にエロいと思われたい」
第15回 ペヤングマキ(前編)「むっつりスケベだったんです」
第14回 伊勢鱗太朗(後編)「シナリオ教室の教えの逆をいく」
第13回 伊勢鱗太朗(前編)「ブルーフィルムで処女AV」
第12回 タートル今田(後編)「『カン松のニセモノ』はつらかった」
第11回 タートル今田(前編)「大人の女に甘えるほうが好きなんです」
第10回 坂本優二(後編)「お掃除フェラを頼まれた」
第9回 坂本優二(前編)「ビニ本のポエムをAVに応用」
第8回 豊田薫(後編)「一期一会の撮影が楽しい」
第7回 豊田薫(前編)「25歳、夕刊紙の三行広告で就職」
第6回 ヘンリー塚本(後編)「ベロならボカシ不要のSEXが撮れる」
第5回 ヘンリー塚本(前編)「ファミリービデオで脱サラを決意」
第4回 TOHJIRO(後編)「心のシャッターに指1本ぶんの隙間を」
第3回 TOHJIRO(前編)「森下くるみに本物の『うぶ』を見た」
第2回 カンパニー松尾(後編)「チ●コとテロップで二度ハメる」
第1回 カンパニー松尾(前編)「ハメ撮りの帝王は素●童貞だった」
TOPに戻る
このページのトップへ
© SKY Perfect JSAT Corporation.