スカパー!アダルト
アダルト番組の視聴はここをチェック

連載コラム

天才鬼才インタビュー
カントクたちがAVを撮る理由

第24回 溜池ゴロー(後編)
「横に座ってくれた瞬間に勃起した」
監督

──1994年に、MAX-A専属の水沢早紀の『プリティ・デビル 痺れた果実』で監督デビューして注目されました。

「岡田有希子をモチーフにしたんです。アイドルが自殺して、色仕掛けで魔界にいっぱい人を呼ぶ話。それを綿貫プロデューサーが気に入り、人気ある女の子で誰も撮らないドラマ物をバンバン撮らせてくれるようになったんです」

──アリスJAPAN、アトラスと、ビデ倫系の単体メーカーから引っ張りだこになりました。

「でも、1998年に『オレンジ通信』(AV専門誌)で監督賞をもらった瞬間、燃え尽きたというか、もういいかなって思ったんですよ。プロデューサーが撮れというのはロリ系か巨乳ばかりで、自分としては飽きたというのもあって」

──あー、当時の売れ筋はロリか巨乳でしたね。

「その年末に、TOHJIROからデマンド(ソフト・オン・デマンド=現SODクリエイト)のマージャン大会にいこうって誘われて、そこで、高橋がなり社長を紹介されたんです」

──TOHJIROが、ビデ倫メーカーを離れてセルのデマンドで森下くるみ作品などをヒットさせてた頃ですね。

「『キミが溜池君か、ウチでぜひ撮ってくれ』っていってくださったんですけど、年を越してもなかなか返事しなかったんです。セルを撮るともうビデ倫系では撮れないという時代だったし、どうしようかって。でも、高橋さんと会って、ちゃんとお話をさせてもらったときに決心しました」

──高橋さんは溜池監督のどこに期待して抜擢したんですか?

「僕の何の作品を見ました? って聞いたら、全然見ていないと(笑)。じゃあどうして撮ってくれとおっしゃるんですか? とさらに聞いたら、『そいつの顔を見たらいいものを撮る監督かどうかわかる』って」

──慧眼ですね。

「『今までお前はTOHJIROとかに育てられてきたけど、ここから先はオレがプロデューサーとしてお前を育ててやる』って。そこまでいわれたら男として断れない。で、何を撮りたい? って話になって『熟女、単体、ドラマ物』っていったんですよ。ずっと、大人の色気がある女性が好きだったけど、ビデ倫系のメーカーに熟女物をやりたいっていっても、企画が通らなかった。そういったら高橋さんが嬉しそうな顔になって『ビデ倫で断られたというものにこそウチはカネを出す。制作費いくらほしい?』って。

──でも、当時は熟女のプロダクションなんてないから、キャスティングが大変だったでしょう。

「『うち(デマンド)はパッケージもキャスティングも監督にやってほしい』と高橋さんがいうものですから、僕は関わったことのあるプロダクション全部に『27歳から42歳くらいまでの美人の女優さんを』とお願いしたんです。企画系の女優さんの宣材写真が4~50枚くらい集まった。その中から6人を選んで面接することになったんです」

──そこで、結婚相手ともなる川奈まり子さんと出会った。

「そうです。1人目2人目を面接して、うーん違うなーって思ってて、3人目に部屋に入ってきたのが川奈まり子。瞬間もう胸がときめいて、横に座ってくれた瞬間に勃起した。会って5秒くらいで、もう撮るって決まってました」

──ひと目惚れだったんだ。

「惚れてしまいました。面接の10日前、格闘家のヒクソン・グレイシーのドキュメント番組を見ていたら『試合前、2週間はSEXしません』って。オナニーとはいわず」

──ヒクソンがオナニーっていったらいかんよね(笑)。

「ヒクソンによれば、『2週間ザーメンを溜めたら人間の体にエネルギーが100パーセント充填する』そうなんです。あ、コレだって思って。面接までの10日間セックスもオナニーもやめよう、ザーメンを10日溜めたうえで会って、最初に勃起した女性を撮ろうと考えたんです」

──面接ではどんなことを聞いたんですか?

「面接の最後にこう聞きました。『これから僕はあなたを撮る。あなたを見て何千人もの男がオナニーするんです。どう思いますか』って」

──お返事はなんと?

「『女冥利につきます』って。その瞬間、もう全生活なげうって、命をかけてこの女性を愛そうと思いました」

──当時、川奈さんは旦那さんとの離婚調停中だったんですね。

「そうです。『義母~まり子34歳~』が大ヒットして、つき合うようになって、彼女との作品でハメ撮りするようにもなりました。そのことを内縁の妻に知られた僕は、包丁をつきつけられたり、慰謝料400万円をあちこちから工面したりなど紆余曲折はありましたが、結婚にこぎつけたんです」

──溜池ゴローはそのあと独立しますが、2002年に立ち上がったばかりのAVメーカーであるケイ・エム・プロデュースから声がかかるんですよね。

「デマンドからも、TOHJIROが立ち上げたドグマからも離れて独立を決意して、さあこれから営業しなきゃと思ったときに、ケイ・エム・プロデュースのプロデューサーが『エース監督がほしいんです』って声をかけてくださったんです。そこに、専属の及川奈央ちゃんがいて、ドカンと売れたんです」

──再び若い単体物に飽きたころに、ムーディーズからいよいよ「溜池ゴロー」の名で熟女レーベルをと打診があるわけですね。

「そうなんです。元デマンドの斉藤プロデューサーが声をかけてくれたんです。作品が売れたおかげでメーカーに昇格して、専属女優がほしいねって話をして、出会ったのが白石さゆり(のちの北条麻妃)で、すぐに専属になってもらいました。そして次の日に面接したのが翔田千里。そうやって、バーッて伸びたんです。僕は、要所要所の曲がり角でいいプロデューサーと女優と出会えてきたんです」

──恵まれてますよね。

「ほんとそうです。僕はAV監督の中で誰よりも女好きだと思ってるし、51歳になった今でも、大人の女性に興奮した中2のときの純粋な性欲は変わらない。だからこそ業界と相性よくここまでこれたんだと思うんですよ」

──わかります。去年、爆乳の春菜はなが溜池ゴロー専属になったじゃないですか。そのとき雑誌媒体で「25歳の春菜はななんて監督からしたらただの子供にしか映らないのでは?」と聞かれていて「ワシは永遠の中2だ。だから25歳の春菜はなも立派な熟女なのだ」って。

「熟女って年齢じゃないんですよ。たとえば僕が撮った頃の及川奈央は21歳くらいだったけど、じゅうぶん美熟女だったし、40歳を過ぎていても大人であるという自覚のない人は熟女には映らない」

──なるほど。で、溜池ゴローのドラマ作品といえば、日常の中にこそエロが潜んでる、ということで女優に延々と雑巾で床を掃除させ、風呂の浴槽を洗わせ、洗濯物を干させる。

「不思議なのは、誰も真似しないんですよね。真似しても、長くは続かない」

──(笑)。そこまで執着してるのは溜池ゴローだけですよ。ある女優さんにインタビューしたときに、「溜池監督から床を愛撫するように雑巾がけしなさいっていわれた」って。

「(笑)。そんなこといったっけ。ポージングの演出はきっちりします、胸の谷間、尻、背中のラインをまんべんなく見せるように」

──なるほど。洗濯物を干すシーンではどう指導してるんですか。

「いいですか、日常における洗濯物は干すことが大事だけど、撮影における洗濯物は、洗濯カゴのなかを探しているときが大事なんです、と」

──ははは。

「探すポージングもAパターンからCパターンまであるんです。たとえばこう……(約15分にわたってジェスチャー混じりに解説する)」

──監督の熱いこだわりはわかりましたが、ここを撮りたい、というポイントはどこでしょう?

「主婦であったりお母さんであったりする人が現場に来るじゃないですか、その人が愛撫に感じてオンナに変化する瞬間があるんです。そこがたまらないですね。ハメ撮りしててもソコで僕はノッてくるけど、冷静になって『向こうに何千人もの観衆がいる、溜池、まだ挿入しちゃダメだぞ』って、暴走を抑えられる大人になれましたね」

──女好きを自称し、さらに、どんな女性でも抜けるっておっしゃってますよね。

「抜けます。できます。出会ったことのある女性と一度は脳内でSEXしてますからね」

──詳しく聞かせてください。

「AV見なきゃオナニーできないなんてダメですね。日常にエロスは落ちてるんです。でも相手に失礼だからじっくり見てはいけません。フォトリーディングのように一瞬にして頭の中に入れたら、家に持ち帰って頭の中のフォトショップ(画像編集ソフト)とファイナルカット・プロ(映像編集ソフト)で編集するんです。僕なんか3秒女性と会ったら絶対オナニーできますからね」

──やー、素晴らしい。日々迷いなく生きている溜池ゴロー監督らしいですね。今後の作品に期待しています。今日はたくさんお話しいただいてありがとうございました!


Profile
溜池ゴロー(ためいけごろー)
1964年生まれ。大卒後、TOHJIRO監督のAV作品やテレビ作品の制作に携わる。1994年、MAX-Aで監督デビュー。1999年に、ソフト・オン・デマンドで現夫人の川奈まり子主演『義母~まり子34歳~』を監督し、大ヒットを飛ばす。2006年、自身の名を冠したAVメーカー・溜池ゴローを設立。現在は、SODクリエイト社外取締役として後進の育成にも力を注ぐ。


文・沢木毅彦
さわき・たけひこ 1961年生まれ。フリーライター。AV草創期よりAV専門誌にレビュー、取材記事を寄稿。月刊誌、週刊誌、WEBで細々と執筆中。香港映画と香港街歩きマニア。ビールは香港の海鮮屋台で飲むサンミゲル(生力)とブルーガール(藍妹)が最好。
twitter:@berugiisan


放送情報
今月の溜池ゴロー監督作品はこちら


スカパー!アダルト番組検索


Back number
第102回 代々木忠(後編)「さらけ出してくれてありがとう」
第101回 代々木忠(前編)「愛染恭子との偶然の出会い」
第100回 芳賀栄太郎(後編)「熟女AVは朝イチがキモ」
第99回 芳賀栄太郎(前編)生保に入って外交員をキャスティング」
第98回 安達かおる(後編)「絶対に疑似は使わない」
第97回 安達かおる(前編)「人が目を背けるものを撮りたい」
第96回 ボトムズ(後編)「SWITCHの頭に込めた大きな秘密」
第95回 ボトムズ(前編)「ブルマ作品の複雑なルール」
第94回 赤羽菊次郎(後編)「ヘンリー塚本の台本なら撮ってもいい」
第93回 赤羽菊次郎(前編)「葬儀屋さんにちなんであの巨匠が命名」
第92回 YUMEJI(後編)「おじさんたちに夢の国を見せたい」
第91回 YUMEJI(前編)「オーナーからの鶴のひと声で始めた監督業」
第90回 薄刃紫翠(後編)「四つんばいのヒザを巡る対立」
第89回 薄刃紫翠(前編)「メス犬調教がライフワーク」
第88回 九十九究太(後編)「タカラ映像だからこそできる表現」
第87回 九十九究太(前編)「ドグマの名物監督たちの下で」
第86回 西中島南方(後編)「デビュー女優の複雑な初SEX」
第85回 西中島南方(前編)「SODとV&Rが人生の分かれ道」
第84回 貞邪我(後編)「ドラマを支えるオリジナルBGM」
第83回 貞邪我(前編)「武道館ライブの後に残った大借金」
第82回 春童(後編)「川上ゆうのSッ気に戦慄した瞬間」
第81回 春童(前編)「悪友と回し読んだエロ本に父の名が」
第80回 馨(後編)「専属単体女優の縛りを超えた撮り方」
第79回 馨(前編)「いつか辞めるはずだったのに」
第78回 なぎら健造(後編)「言葉よりも女心を雄弁に語るもの」
第77回 なぎら健造(前編)「女性が共感できるレ●プドラマ」
第76回 DUKE(後編)「あの子はどんなSEXするのかな?」
第75回 DUKE(前編)「長続きしたのは桃太郎の仕事だけ」
第74回 デラ3(後編)「SEXを仕事にできる人にリスペクト」
第73回 デラ3(前編)「脱がせたら競泳水着の意味がない」
第72回 菅原養史(後編)「人妻の浮気SEXのリアルを実地調査」
第71回 菅原養史(前編)「高橋がなりを唸らせた『古臭さ』」
第70回 五右衛門(後編)「アロマ企画とFAプロに学んだ」
第69回 五右衛門(前編)「乳首をいじられないとイケない」
第68回 朝霧浄(後編)「男を狂わせる菩薩にエロが潜む」
第67回 朝霧浄(前編)「入社3ヶ月で監督デビューを直訴」
第66回 南☆波王(後編)「カラミじゃなくてSEXを撮りたい」
第65回 南☆波王(前編)「金髪とタンクトップ姿の履歴書」
第64回 イタカ・スミスリンパウダー(後編)「坂道を流れるお漏らしの魅力」
第63回 イタカ・スミスリンパウダー(前編)「撮影現場で毛ジラミが発覚」
第62回 川崎軍二(後編)「息子と妻と一緒にロケハンへ」
第61回 川崎軍二(前編)「カラオケ映像で監督デビュー」
第60回 濱竜二(後編)「女子●生は中年男を浄化する」
第59回 濱竜二(前編)「絶望の先に希望を見つけたい
第58回 青髭大悟(後編)「初脱ぎでの恥じらいを追求」
第57回 青髭大悟(前編)「安定した生活が急に嫌になった」
第56回 白虎(後編)「顔がマ●コに埋まるレズクンニ」
第55回 白虎(前編)「昔はレズが苦手なザーメンマニア」
第54回 海山輝一(後編)「僕はアソコのアップがないとダメ」
第53回 海山輝一(前編)「センズリコキの現役だっただけ」
第52回 あばしり一家(後編)「人気女優を輝かせる汚しの技術」
第51回 あばしり一家(前編)「各方面で才を発揮した男が選んだ道」
第50回 ドラゴン西川(後編)「マッサージ師はしゃべりが命」
第49回 ドラゴン西川(前編)「松嶋クロスから突然の採用通知」
第48回 小坂井徹(後編)「パンチラ映像ですごくヌイてます」
第47回 小坂井徹(前編)「映研出身者は助監督に向かない」
第46回 ながえ(後編)「ヘンリー塚本の背中に親父を見た」
第45回 ながえ(前編)「少年の絶望を救った映画とAV」
第44回 タイガー小堺(後編)「自分に来る電話は一番じゃない」
第43回 タイガー小堺(前編)「パンチパーマで眉毛なしのAD」
第42回 黒田悠斗(後編)「レジェンドに導かれた監督業」
第41回 黒田悠斗(前編)「中高で女子と喋ったのは4回のみ」
第40回 麒麟(後編)「正座して僕を待っていた浮気嫁」
第39回 麒麟(前編)「巨匠・黒澤あららの上をいきたい」
第38回 嵐山みちる(後編)「女性のコンプレックスに興奮する」
第37回 嵐山みちる(前編)「初出社の前日に会社が大騒ぎ」
第36回 K*WEST(後編)「パンチラは綿パンに限る」
第35回 K*WEST(前編)「野良猫が肉に見えた貧乏時代」
第34回 紋℃(前編)「エロい女優の現場で密かに勃起」
第33回 紋℃(前編)「"AV監督"の響きに惹かれた」
第32回 沢庵(後編)「1割はやりたいことをやっちゃう」
第31回 沢庵(前編)「チ●コに靴下をかぶせてプレゼン」
第30回 バクシーシ山下(後編)「イケない嫌なSEXもSEXのうち」
第29回 バクシーシ山下(前編)「若き日のSEXトライアスロン」
第28回 梁井一(後編)「異物挿入自慰にふけった中学時代」
第27回 梁井一(前編)「後ろ指をさされる仕事に惹かれた」
第26回 真咲南朋(後編)「MとMが互いに苦しめ合うSEX」
第25回 真咲南朋(前編)「ハメ撮られ好きの女子大生でした」
第24回 溜池ゴロー(後編)「横に座ってくれた瞬間に勃起した」
第23回 溜池ゴロー(前編)「最初はイヤだった『溜池ゴロー』」
第22回 ヘイキチロウ(後編)「弟目線で女優を見るのが性に合う」
第21回 ヘイキチロウ(前編)「美少女単体のベタな演出を大切に」
第20回 野本義明(後編)「1人の女の子をじっくり追いたい」
第19回 野本義明(前編)「食品売場の熟女が大好きすぎて」
第18回 雪村春樹(後編)「羞恥の縄は緩くかけるべし」
第17回 雪村春樹(前編)「緊縛モデルを地元で口説いてた」
第16回 ペヤングマキ(後編)「男の人にエロいと思われたい」
第15回 ペヤングマキ(前編)「むっつりスケベだったんです」
第14回 伊勢鱗太朗(後編)「シナリオ教室の教えの逆をいく」
第13回 伊勢鱗太朗(前編)「ブルーフィルムで処女AV」
第12回 タートル今田(後編)「『カン松のニセモノ』はつらかった」
第11回 タートル今田(前編)「大人の女に甘えるほうが好きなんです」
第10回 坂本優二(後編)「お掃除フェラを頼まれた」
第9回 坂本優二(前編)「ビニ本のポエムをAVに応用」
第8回 豊田薫(後編)「一期一会の撮影が楽しい」
第7回 豊田薫(前編)「25歳、夕刊紙の三行広告で就職」
第6回 ヘンリー塚本(後編)「ベロならボカシ不要のSEXが撮れる」
第5回 ヘンリー塚本(前編)「ファミリービデオで脱サラを決意」
第4回 TOHJIRO(後編)「心のシャッターに指1本ぶんの隙間を」
第3回 TOHJIRO(前編)「森下くるみに本物の『うぶ』を見た」
第2回 カンパニー松尾(後編)「チ●コとテロップで二度ハメる」
第1回 カンパニー松尾(前編)「ハメ撮りの帝王は素●童貞だった」
TOPに戻る
このページのトップへ
© SKY Perfect JSAT Corporation.